0

将棋タイトル戦いろいろ

Posted by yishikura on 2015/03/06 09:46 in Off time, プロフェッショナル

昨晩、久しぶりに将棋のことを思い出して、将棋連盟のウェブサイトで、A級順位戦その他タイトル戦のブログを見ていたら、いろいろなことを起こっていて、つい興奮してしまいました。

羽生名人への挑戦者を決めるA級順位戦最終局は、先日3月1日に開かれたのですが、何と4人が6勝3敗で並び、4人でプレイオフをすることになっていました。

また、棋王戦と王将戦が今進行中ですが、いずれも渡辺明さんがタイトル保持者で、それに羽生善治名人と郷田真隆九段が挑戦しています。
棋王戦はこれまで渡辺棋王の2連勝、今度の日曜日8日に第3局です。棋戦ブログを見ていたら、2局ともかなり早い時間帯に終わってしまっていたので、あれ?という感じでした。第3局は渡辺棋王が先手なので、3連勝だと、やはりちょっとつまらないなあ、と(勝手に)思っています。

王将戦はこれまで2勝2敗。3月12日から2日間の第5局です。

タグ:

 
0

新渡戸国際塾8期生募集中

Posted by yishikura on 2015/03/05 22:04 in セミナーの予定, 世界とのコンタクト

六本木の国際文化会館で6月から半年開かれる新渡戸国際塾の8期生を募集しています。私は2年前に、この国際塾6期の講師をしたことがありますが、昨年10月には、2010年から六本木アカデミーヒルズで続けているグローバル・アジェンダ・セミナー(GAS)との合同セッションのモデレーターをしました。新渡戸国際塾、GAS両方に参加している人も何人かいます。

この合同イベントは、虎ノ門ヒルズで開かれたInnovative City Forumの関連イベントとして開かれたものですが、「和食を世界に」というセッション自体はなかなか興味深いものでした。(この時の経験から、今、計画中の大々的な合同Reunionの構想が生まれたのです。こちらについては、またおしらせしますが。。)

国際文化会館の方々には、GAS以外にも、私が2年以上続けている「ダボスの経験を東京で」シリーズのご案内などをしていただいていることもあり、今回はより多くの方々に新渡戸国際塾の募集をお知らせしようと考えて、このブログでご案内しています。これまでの経験から、世界でいろいろ新しいことをしたいと考えている人がかなりいるにもかかわらず、情報がうまく伝わっていない(これは大使館などのイベントでも同様です)と思うので、SNSを駆使して、情報を広めようとしているのです。(合同Reunion構想も同じ流れです!)

私が講師をした時は日本語だったので、「国際塾なのになぜ日本語なのですか?英語でやれば良いのに」とコメントしたのですが(私がするセミナーの半分位は、今現在のグローバル・スタンダードである英語ですから)、それがきっかけになったか?、昨年から一部英語でのセッションになり、また対象の要件として、「英語で議論ができ。。。」となっています。(英語にこだわるわけではありませんが、世界で活躍したいのに日本語ですべてやるのは、どう考えても?と思うし、GASを始めた時も英語では人が集まらないといわれた割にはちゃんとできたし、最近は英語は当たり前となりつつあるので。。)

5月8日が応募締切りですが、4月9日には募集説明会もあるそうです。こうしたイベントはすでに参加した人に本音の話を聞くのが一番良いと思うので、興味のある方はウェブサイトをご覧ください。

 

 
0

国際女性の日レセプション。。。

Posted by yishikura on 2015/03/04 21:44 in キャリア, リーダーシップ, 世界とのコンタクト

Austra 今晩(3月4日)、オーストラリア大使公邸で開かれた国際女性の日レセプションにお招きいただきました。For English=>   オーストラリア大使館に伺ったのは、ものすごーく久しぶりだった(最近いつだかわすれてしまったほどです)のですが、同友会のフクシマ咲江さんのキーノート・スピーチの途中に、すべりこみで間に合いました。(その前の会合が予想以上に時間がかかったのです)

なぜか、最近3週続けて大使公邸のレセプションにお招きいただいています。先週は、英国大使館、その前はオランダ大使館です!

IMG_4737今回は、招待状もスピーチもすべて日本語でした。(左上の招待状をご覧ください!)

大使にはご挨拶できませんでしたが、大使館の方々にお目にかかることができました。レセプションでは写真を撮るのを忘れてしまったのですが、公邸から出てきたら、夜空に高層ビルと東京タワーが見えてとても美しい夜景でした。(ちょっと切れていますが。。)

 
0

2月20日の「ダボス。。」第23回動画。。。

skit32月20日に開かれた「ダボス。。を東京で」第23回の動画がポストされています。For English=> 今回は「できちゃった」製品の新しい用途を自由に考える「HACK」のセッションでした。

ビデオはパート1(Openingー2つの製品の説明)とパート2(Presentation-8グループが用途を説明したスキット)からなっています。それぞれ25分強。私が英語で書いた簡単なサマリーもついています。

また新しい試みとして、セッションの前後に参加者の方々に簡単なインタビューもしています。どんな感じか、ぜひご覧ください。

次回は3月20日。今度は恵比寿ガーデンプレイスのOgilvy & Matherでやります。Ogilvyがそもそも提唱した「ブランド」を時代に合わせてcreativeに考えるセッションです。人気があってどんどん申し込みがきています。こちらからどうぞ!

タグ:

 
0

3月3日はお雛様!

Posted by yishikura on 2015/03/02 20:54 in Off time

 明日3月3日はお雛祭り。毎年飾っているお雛様を出してきて、飾りました。英語でも少し説明しています。

 
0

2月の活動。。。いろいろ-動画編!

Posted by yishikura on 2015/03/01 21:25 in Off time, メディア, 自分を外から見る?

今日は3月1日。雨の日曜日でしたが、2月の活動を振り返ってみることにしました。でもただブログに書くだけではつまらない?ので、動画を試してみました。For English=>

さてどうなることやら。。。

 
0

ウィリアム王子レセプション!

Posted by yishikura on 2015/02/28 22:03 in リーダーシップ, 世界とのコンタクト

昨晩2月27日の夕方、英国大使の公邸で開かれたウィリアム王子のレセプションにお招きいただきました。For English=> 招待状をいただいた時は、HRH Duke of Cambridgeがすぐわからず、検索してしまったのですが、ウィリアム王子とわかって、わー!という感じで楽しみにしていました。
時間通りに英国大使館に着き、名札をつけ、スタッフの方に案内していただいた所、4箇所くらい、またいくつものグループにわかれていることがわかりました。私はDiversity関連のグループだったので、同じグループの方や同じ部屋の方々、英国大使館のスタッフの方々などとしばし話をしていました。しばらくたったら、ウィリアム王子が英国大使と登場されたのですが、さらっとした感じで部屋に入ってこられたので、一瞬わからなかったくらいです。

Invitationこれだけ大勢だから(150名くらいだったと聞いています) グループごとに数人と話をなさるのかな、と思っていたら、それぞれと握手をして話をなさっているので、時間は大丈夫かと気になりましたが、同じ部屋最後のグループだった私たちの所でも一人ひとりと握手をして、話をされました。「労働人口が急減しているから、女性活用は経済的な理由で必要」とお話したり、「大企業のトップに女性はいるのか」と聞かれたり(BT Japanの社長は女性です!とお伝えしました)、軍や建設業界も女性をと言い出したから、だんだんその兆しが、、などと話が弾みました。(ちょうど私も含めて3人、このテーマ関連だったので、3人でいろいろお話できました!) 写真はXといわれていたので、撮れませんでしたが(後でスタッフの方に伺ったら、SNSなどは良いということだったので書いています!)、とても気さく、次々へと予定があるのにその場その時を大事にして、ご自分でも楽しんでおられるようでした。(左の写真はいただいた招待状)

私たちの後のビジネスのグループは時間切れになってしまい、一人ひとりとということはできなかったようですが、その後しばしして、ホールで英国大使のご挨拶につづき、辻井伸之さんのピアノ演奏があり、とても感動的なひと時でした。

私は英国大使館でパネルのモデレーターをしたことがあるので、お招きいただいたのだと思いますが、とても幸運ですばらしい経験でした。

 
0

”聴く”ことの大切さ、難しさ。。

Posted by yishikura on 2015/02/26 18:53 in コミュニケーション力・表現力, 学ぶ

最近、意見やコメント、提案を聴くことがどれだけ難しいか、そして私たちは意外に間違いをしているのではないか、という経験をしました。For English=>  

こういう課題があるのだけど、アイディアや意見ない?提案ない?と聴く「意思」はあるし、聞く事は聞くのですが、どこかでコミュニケーションが切れてしまい、建設的な結果にならないのです。

こういうことで困っているのだけど、といわれて、いろいろアイディアを出すと、「それは試したけど、ダメだった」とか「もっと具体的でないと使えない」などといわれた経験はないでしょうか。こうした答えがかえってくると、提案やコメントをしたほうは全くやる気をなくしてしまいます。
つまり「意見を聞きたい」「アイディアがほしい」といっているのは、単なる演技(lip service)だということがわかってしまうのです。

相手のいうことをよく聴くだけでなく、何を言おうとしているのか、を探ることが必要になるのです。これは簡単なようですが、結構難しいと思います。特に今のように皆忙しくなってくると、相手のいっていることをしっかり「聴く」ことが少なくなってしまっているのではないでしょうか。

「聴く」ことはとても大事なスキルです。同時になかなか実践が難しいスキルでもあると実感します。それを思い出させてくれる良い方法のひとつは「反面教師」を見ることです。自分が提案をする側になると、何でも否定的な返事をされると、全くやる気をなくしてしまうことが実感できるからです。自分もやっているのではないか?と振り返ることになりますから。。

 
0

速報!”Hack” (「ダボス。。」23回)

Posted by yishikura on 2015/02/24 09:46 in クリエイティビティ, セミナー・シンポジウム

DEX2221先週金曜日2月20日夜、「ダボスの経験を東京で」シリーズ第23回が開かれました。For English=> 今回は、楽しいセッション(今年から3つのタイプのイベントを試しています)ということで、「できちゃった新製品」の用途をいろいろ考えるというHack! セッションでした。

DEX2217扱った製品はリコーの360度デジカメTHETAそして、元KMD,現在ロンドンにいる私の友人Adrian D. CheokのラボでできたMulti-sensoryの製品のひとつRingUです。THETAは「ダボス。」にこの所ほぼ毎回参加していただいている加藤さん、RingUはFeelUのMr. Uが、それぞれどんなものか、何ができるか、を説明してくださいました。

その後小グループに分かれて、THETA, RingUそれぞれについて、いろいろアイディアを考えていただき、最後の30分くらいで、各グループに;用途を紹介するスキットをしていただきました。たくさん写真を撮ったので、このブログに載せている以外facebookにポストしてあります。ご覧ください。セッション前後でやったインタビュー(セッション前にやったインタビSDEX1ューの動画は下です。久しぶりだったので、ちょっと私の紹介がもたもたしていますが。。。)、セッション全体の動画とサマリーはもうすぐポストします。もう少しお待ちください。

なお次回は、3月20日、Ogilvy & Matherでやる企業協賛のセッションです。詳細、登録はすでにできるようになっています。今回は人気があって、すでにかなりの数の申し込みが来ていますので、お早めにどうぞ!こちらから。

 

タグ:

 
0

「楽して仕事!すぐやることが秘訣?」日経BPその16

Posted by yishikura on 2015/02/24 08:46 in 時間の使い方, 記事・コラム・インタビュー

今朝2月24日から、日経BP Biz college「グローバル・リーダー目指して一歩前へ」の第16回がポストされています。「根性」や「黙ってやる」などが好きな大人?にはとかく誤解されがちな「いかに楽して仕事をするか?」について、書いています。

今、一番貴重であり、誰にでも平等にある「時間」。どうしたら少ない時間で成果をあげるか、を常に考えて、「仕事を楽に」すること。やってみませんか? コラムはこちらからどうぞ!

Copyright © 2015 Yoko Ishikura's Blog All rights reserved. Theme by Laptop Geek.