0

速報!デジタル通貨。ビットコインー「ダボス。。」第14回

Posted by yishikura on 2014/04/20 08:31 in ICT, セミナー・シンポジウム

4月18日金曜日の夜、「ダボス。。を東京で」シリーズ第14回が開かれました。For English=> 今回のテーマは「デジタル通貨、ビットコインの今後」で、ゲストに日本デジタルマネー協会の代表理事である本間善實さんをお招きしました。

私が慶応KMDを退職して、フリーランスを始めて最初のセッションだったので、肩書がないとどんなことが起こるか、など新しい発見について、少しコメントした後、参加者に、ビットコインを使った経験を聞きました。40人近い参加者のうち経験者は(本間さんを除き)2人でした。

本間さんに私が基本的なこと「ビットコインって何ですか?」というような質問をした後、参加者から質問を受けました。Miningはどうやるのか?なども出ました。。

知識が限られているテーマでしたし、課題も多岐にわたり、議論が広がりすぎてしまうように思われたので、ビットコインの4つの側面について、小グループで議論するような形式にしました。4つとは、「技術的側面、価格、規制・法的側面、そして社会的な側面」です。それぞれ関心のあるテーマのテーブルに移り、議論をしたのですが、本間さんには各グループを回っていただき、質問に答えていただきました。

10257851_778869558797335_2166607481749903941_o最後の20分くらいで、各グループがレポートバックを行いました。このセッションを終わっての私の感想は、ビットコインとインターネットやSNSなどの進化は似た所がありそう。新しいものなので、コンセプトとしては大きなー想像を超えるようなーポテンシャルがありそうだけど、知識が限られていること、その割にリスクが大きいことなどから、ちょっと怖いような気がするというものです。

このテーマはまた少したってからもう一度議論してもよいのではと思います。 セッションのビデオはこちらから見ることができます。(サマリーや詳細はもうすぐつけます) また本間さんのブログにもこのセッションのことを書いていただいています。ビットコインについての説明が出ていますので、こちらもどうぞ

タグ:

 
0

葉山マリーナでヨットレース観戦!

Posted by yishikura on 2014/04/19 21:55 in Off time

flyer今日4月19日土曜日、葉山で開かれたInternational Friendship Regattaという5大使館プラス葉山マリーナチームのヨットレースを観に行きました。 For English=> 私は、何十年も前に4級船舶の免許をとり、当時からヨットを持っている友人に何度ものせていただいたり、ボストンにいた時(ずいぶん前ですね!)ルームメートのボーイフレンドのもっているクルーザーに何度も乗ったりしていたのですが、最近はまったくヨットに乗るチャンスがなかったのです。たまたま国際会議などでご一緒する方が、ヨットの名手(今日も最初のレースでは断トツの一位でした!)ということを伺い、機会があったら行きたい!といっていた所、このレースのことを知らせていただき、すぐお願いしたものです。

昨日は雨で寒く、かなり暗ーい気持ちになっていたのですが、今朝は朝から晴れていて、昨晩12時近くに「ダボス。。を東京で」から帰ってきたにもかかわらず、6時前から起きて、はりきって葉山マリーナに行きました。

sail2sail1久しぶりに海にでて、近くでヨットが走るのを見たのですが、何しろ気分がよく、最高でした。大使館の方々の中には、いろいろな機会にお目にかかった方もあり、ほかのゲストとともご一緒に、3レース観ました。 さすがに海の上は風が強く、ずっといると手がかじかんで、寒かったのですが、何枚も重ね着をし、ダウンのジャケットを持っていったので、何とか大丈夫でした。

終わった後パーティがあり、バンドあり、各国のワインあり、ととても楽しいひと時でした。朝から行っていたので、ダウンジャケットを着ていて、ワインを飲んだにもかかわらず、とうとう寒くなってしまい、表彰式の前に失礼してしまいましたが、すばらしい土曜日でした! またはまりそうなものが増えてしまいました。。。。

 
0

女子大学生向けTOMODACHI WLPのご案内

2013年から始まったTOMODACHI Metlife Women Leadership Program をご案内します。For English=> このプログラムは東京の米国大使館とTOMODACHI イニシアチブが主催するもので、将来のリーダーを開発するための10か月のメンタープログラムです。女子大学生を中心に、リーダーシップスキルの開発プログラムに参加し、キャリアをある程度積んだプロフェショナルと一緒にディスカッションやネットワーキングの機会を持つことによって、未来のリーダーを創ろうという企画です。

今年は、昨年より2か所増えて、4か所ー東京、大阪、福岡、那覇ーでそれぞれ5回、セッションが行われます。来年3月には東京で全体カンファレンスも企画されています。応募資格は、日本国籍か永住権を持つ人、英語力(話すことが中心)です。今参加者を募集中ですので、ぜひ応募してください。(メンター役をつとめるキャリアウーマンも募集中)

英語力といわれると、とかくハードルが高いように感じる人が多いかもしれませんが、英語力といってもいろいろありますし、実際応募してみないとわからないと思います。(特に日本人の女性は、自分の力を過小評価する傾向があるので。。)

こんなチャンスはなかなかないので、まず応募してみてください。詳細はこちらからどうぞ。 学生も、プロフェッショナルも両方とも募集しています。

 
0

低リスクの「場」で多様な国の若者と話す機会?

Posted by yishikura on 2014/04/17 18:56 in セミナーの予定

明日18日夜7時から予定している「ダボスの経験を東京で」シリーズ第14回には、短期間ですが、海外から来ているいろいろな国の若者が出席します。私が今学期4月から5月だけ、KMDで担当している「変化の時代の事業戦略」を履修している人たちが参加する予定だからです。ヨーロッパ、アメリカ、アジア、中東といろいろな国の人たちなのですが、今日クラスでやったディベートでも、なかなか興味深い議論をしていました。(今回はほぼすべてがRoyal College of Artsのデザイン専攻の人たちなので、ビジネス・スクールや経済専攻の大学院生とは、議論もかなり違った感じがあります。)

明日は、ビットコイン、バーチャル通貨などがテーマですが、どんな話になるのか、とても興味深い所です。いろいろな国の若い人(そして実務経験も多様)たちと、リスクがない「場」で気楽に英語で、テクノロジーや世界のことを話したいと思われる方、ぜひ、ウェブサイトから登録してください。また私のブログにも参考資料のリンクがいくつかつけられていますので、こちらもどうぞ。

タグ:

 
0

Economist記事・ビデオ、ダボス。。の光景。。

Posted by yishikura on 2014/04/16 10:21 in セミナーの予定, 記事・コラム・インタビュー

3月末にEconomistに出た”Japanese Women &’ Work”という記事をブログでご紹介するのをすっかり忘れていたことに今更ながら気がつきました。For English=> NHK Worldの Asia Biz Forecastのインタビューもその頃、同じようなテーマであり、インタビューが重なった時だったのと、退職、新しい仕事の時だったので、忘れていたのだと思います。失礼いたしました。

日本における女性の働き方という記事はEconomistのTamzin Booth 東京支局長が書かれたものですが、このテーマに関して、私もよく存じ上げている方々が登場します。記事の中に4分強のビデオが挿入されている(これをたまたまpodcastで聞いたのが自分のインタビューを知ったきっかけ!)のですが、後半2分半すぎ位から、私のインタビューと3月の「ダボス。。を東京で」でワークショップをしているシーンが出てきます。

インタビューの後、実際にワークショップなどをしているシーンを撮りたいというので、数日後に予定されていた「ダボス。。」をご紹介し、そこで撮影が行われたのです。たまたまその日 ダボス。。に参加された方々には撮影の許可をいただきました。

この記事とビデオをご覧いただけると、最近よくいわれている安倍政権の「女性活用」政策に対するいろいろな方々の見解、私自身の意見(これよりもっと先鋭化した意見を、今ある機関のブログ用にドラフトしていて、まだ採用されるかわからないのですが)、それから「ダボス。。」ではこんなことをしているのだ、ということがわかっていただけると思います。

ちなみに、「ダボス。。。」は毎月やっており、次回は明後日、金曜日4月18日です。どんな所かちょっと見てみようと思われる方は、ぜひウェブサイトからご登録ください。

タグ:

 
0

3日後です!デジタル通貨?ダボス。。シリーズ

Posted by yishikura on 2014/04/15 18:50 in セミナーの予定, 学ぶ

何度かご案内していますが、今週金曜日4月18日に「ダボス。。を東京で」第14回が開かれます。For English=> ビットコインをはじめとするデジタル通貨などについて、ゲストに日本デジタルマネー協会の代表理事をしておられる本間善實さんをお招きして、私がいろいろ伺ったり、みなさんと一緒にオープンソースについて、議論したりしながら進める予定です。

ビットコインとかデジタル通貨といわれても。。。という方々のために、わかりやすい資料をいくつか準備しています。日本語では野口悠起雄先生が日本記者クラブでなさった講演の動画、英語では、かなり広いテクノロジーの観点からビットコインの話をしているAndreas M. Antonopoulosの動画へのリンクをご紹介しますこれを見るだけでも、いろいろ学べることが多いと思いますし、金曜日にお越しいただければさらに、詳しい話、メディアでは報道されていないこと、報道されていても???というようなことを直接本間さんに伺うことができます。

登録はこちらからどうぞ。お待ちしています。

タグ:

 
0

昨日のリーダーと明日のリーダー?(サンガレン)

Posted by yishikura on 2014/04/14 21:35 in セミナーの予定

ここ数日サンガレン・シンポジウムのことを書いています。For English=> それは、昨年のシンポジウムの様子からなるPRビデオを見て、このシンポジウムの素晴らしさを再認識したからです。このシンポジウムは、「今日のリーダーと明日のリーダーの対話」というコンセプトで始まったシンポジウムですが、とても印象的なのは、今日のリーダー(現役のエキスパート)が、喜んで?若い世代(明日のリーダー)の挑戦を受け、変化を拒絶しない態度を見せていることです。

シンポジウムは若い世代を主役に、すべてが明日のリーダーに役に立つように企画されています。(明日のリーダーである学生が企画運営すべてを担当しているので当たり前ともいえますが。。。)

とこんなことを考えていたら、以前、スピーカーの一人が言ったことを思い出しました。彼は、「明日のリーダーというのはおかしい。すでに今リーダーシップをとるべきだから。明日のリーダーというと将来の話のようだ。それに甘んじていてはならない」といったのです。私はこの意見に半分同感でした。それはこれだけ世界の動きがはやい中、若い世代がリーダーシップを取るべきだと確信しているからです。一方、同感が「半分」だったのは、このシンポジウムに参加する今日のリーダーが力のシフトや変化を拒否している兆しがなかったからです。

これは特に日本の状況と比べると、かなり違うと思います。日本では、昨日(今日ではない)のリーダーがまだ力を持っており、またリーダーは、明日のリーダーの挑戦を受けることを好まず、変化を拒否しているように思われるからです。(今朝、たまたま催促されていたブログーなるべく議論をふっかけるようなものが良いといわれていたーの原稿を書いたのもこのことに関連しています。) 明日のリーダーが今日からイニシアチブをとるべきと考えられている地域と、昨日のリーダーがまだ力を持っている国、かなり違うと思います。どちらにいたいか、は自分で決めることでしょう。。。

 
0

サンガレン・エッセイの入賞者インタビュー:午後9時から。。

昨日もこのブログにサンガレン・シンポジウムのことを書きましたが、今年から新たにサンガレン・シンポジウムのエッセイ・コンテストの最終審査員になったRiz Khan氏(外国メディアを見る人には顔なじみと思います)が、今晩、ドバイから、エッセイの入賞者のインタビューをします。For English=> 5月8日と9日にサンガレンで開かれる第44回サンガレンシンポジウムの目玉イベントのひとつとして、Khan氏が司会をする全体セッション「次の世代のファイルー3人の入賞者との対話」のさわり!という感じです。世界時計を見ると、ドバイ時間の午後4時なので、日本時間だと午後9時です。

入賞したエッセイはどんなものなのか、書いた人は?など、この機会にぜひご覧ください。Riz Khan氏の印象を聞き、5月8日のシンポジウムで行われる全体セッションを垣間見ることができると思います。
私は最終審査員の一人として、しばらく前にエッセイをレビューし、その後、審査員全員での電話会議で入賞者を決めました。私が審査員になってから、大体いつもそうですが、上位にランクされるエッセイは、ほとんど審査員の意見が一致します。

この所、以前のような通常の入賞者によるプレゼンテーションではなく、いろいろ趣向をこらしたイベントがエッセイコンテストの入賞者を中心に行われるのはとても良いことだと思います。(昨年は25周年だったので、私も特別パネルの司会進行をしました。。。)

午後9時からのライブストリームはこちらから見られます。ぜひどうぞ!(今チェックするとこのURLは働いていないのですが、9時からはOKなのだと期待しています。URLはこれだ!と聞いているので。。)

 
0

サンガレン・クラブ・ジャパン。。。

Posted by yishikura on 2014/04/12 21:09 in セミナーの予定, 世界とのコンタクト

昨日はサンガレン・シンポジウムとサンガレン・クラブ・ジャパンに関連する会合が、スイス大使館と公邸で開かれました。For English=> 私はサンガレン・クラブ・ジャパンのボードメンバーなので、ボードミーティングでは、まずこれまでの2回の議事録を承認した後、スイス日本国交150周年記念イベントであるジャパン・ディナー・ナイトの詳細について、いろいろ決めました。その後、5月初めに開かれるシンポジウムに参加する若い人、その他スピーカーなどの話を聞いてから、大使公邸に移りました。

しばらくカクテルを飲みながら、いろいろな方とお話するうち、クラブの年次総会が始まりました。150周年の今年を記念するビデオがまず紹介され、日本とスイスの比較がされていましたが、なかなかうまくできていると感じました。ユーモアのセンスも見えて。。。

スイス大使のご挨拶の後、クラブの行天会長がクラブの活動を紹介されました。昨年度の日本からの参加、今年の参加メンバー、そしてジャパン・ディナー・ナイトとその参加者などです。 その後、昨年のシンポジウムのスライドが多数紹介されました。 昨年は、私が最終審査委員の一人であるエッセイ・コンテストの25周年で、私がそのイベントの司会進行をしたので(かなり前からいろいろ準備のための電話会議は多数。。。) 写真を見て、なつかしく思い出しました。(1年前とは思えず、実はほとんど忘れていたのです!)

それからレセプションに移り、サンガレン財団のPhilip Erzinger会長の乾杯の後、その場の多くの方とお話することになりました。以前から存じ上げていたけれど数年お目にかかっていなかった方がサンガレンシンポジウムの参加者であったことを知ってびっくりしたり、何度かお目にはかかっているのですが、一度も正式?にご挨拶したことがなく、お顔だけ存じ上げている方にご挨拶したり、という機会となりました。

若い世代の人たちの多くは顔見知りでしたが、初対面の方もあり、話をしているうちに共通の友人がいることがわかったり、と楽しいひと時でした。

その後ディナーで、スイスのお料理、チーズ、ワインをいろいろいただきました。ワインを1-2杯飲んでいるうちに、14時間?の時差があるニューヨークから帰ってきて2日目であることを「体が感じるようになり」、早めに失礼しました。

これまで何度も参加する機会をいただいているサンガレン・シンポジウムは、学生が企画運営をして、世界から200名の若いリーダーを招くというすばらしいシンポジウムです。「今日のリーダーと明日のリーダーの対話」の場を提供するというコンセプトで続いており、イベントが若いリーダーを中心に作られている点がユニークだと感じます。しだいに日本でも知られてきてはいますが、若い世代にとって、とても意義のある、 すばらしいイベントです。5月にはまたお知らせしますので、ぜひご覧ください。

 
0

来週4.18です!バーチャル通貨?

Posted by yishikura on 2014/04/11 10:31 in ICT, セミナーの予定

4月の「ダボス・・・を東京で」シリーズは来週金曜日18日夜開かれます。For English=> 今回は、少し下火にはなってきましたが、少し前までかなり派手に報道されていたビットコインなどにつぃて、考えます。

近は、いろいろなものがバーチャル化する中、通貨もそのひとつとなるのか、そもそもビットコインは通貨なのか、また円高、円安など為替レートも何かと話題になる中、通貨は国の経済や競争力を反映するのか、などにつぃて、考えてみたいと思います。また世界の景気がしだいに回復基調になる中、日本では消費税があがり、今後の経済の動向に不確定要素がある中、自分の資産形成についてもどの通貨で自分の資産形成をしたら良いか、も考えておく必要があると思われます。

今回はビットコインやバーチャル通貨につぃてよくご存知のゲストをお招きしていますし、ウェブサイトから登録していただければ、動画やレポートなど関連資料を含めたメールをお送りします。 この際、通貨について学ぶ、そしていろいろな質問をする機会を持つのは、会社や組織が今後、情報源やキャリア・資産形成の主なガイドとならない中、貴重ではないでしょうか。

当日こられない方も、ネットで見るという登録をしていただければ、資料はお送りしますし、ゲストのお話、私との対談も見ていただくことができます。詳細、登録はこちらからどうぞ。多くの皆さんにお目にかかれることを期待しています。

タグ:

Copyright © 2014 Yoko Ishikura's Blog All rights reserved. Theme by Laptop Geek.