0

速報!「自信を高めるートリンプで。」

Posted by yishikura on 2014/11/22 10:11 in セミナー・シンポジウム, 自分を外から見る?

昨日、天使のブラで有名なトリンプ・インターナショナルで、「ダボスの経験を東京で」シリーズ第20回が開かれました。For English=>  今回のテーマは「女性の自信を高めるために何ができるか」というものです。

IMG_3860このテーマを選んだのは、最近世界的に活発に行われている女性推進のひとつの課題として、女性自身に自信がない(これはシャレではありません!)ことがよくいわれます。トリンプのビジョンは女性の自信をたかめる」ということなので、とご協力をいただいて、トリンプの本社でこのセッションを開いたのです。

IMG_3862最初に私がWelcomeと最近の活動(特にドバイのアラブ女性リーダーフォーラムやインドー日本女性フォーラムなど、女性関連の活動)について、ざっと説明した後、トリンプの方がとても興味深いデータを見せてくださいました。「自分に満足しているか」という問いにYESと答える日本人女性の比率が日本では相対的に低いというものです。それからトリンプのビジョンについて説明していただきました。

それから小グループでの活動になったのですが、「自信を高める」といっても雲をつかむような話なので、まず自分が自信を持った時、失った時はどんな時だったか、ということを考えていただきました。ライフグラフ?といわれるものを使って、まず私が2000年からの自分を振り返ってどんな時に自信を持ったか、どんな時に自信を失ったか、自信を取り返したかをお話しました。(左の写真は小グループでの活動)

その後、皆さんに10年位を振り返ったライフグラフ(私はLife Journeyという言葉を使いました)を書いていただき、小グループのメンバーに説明していただきました。それから、トリンプが日本女性の自信を高めるために何ができるか、という具体的な案を考えていただいたのです。(すべて英語!)

IMG_3884最後の30分位で、各グループからレポートをしていただき、私が簡単なコメントをして、セッションは終わりました。とても興味深いアイディアがいくつも出てきました。最後にトリンプからプレゼント(左の写真)をそれぞれにいただき、皆で写真をとった後、懇親会に移りました。

10時半までということだったのですが、話がはずみ、11時近くまで皆楽しく過ごしました。こうした場所とテーマ、それにスナックや飲み物、プレゼントまで準備していただいたトリンプの皆様、ありがとうございました。少しでもビジョンの浸透に役立つとうれしいです。私が自宅に帰ったのは翌日!懇親会の後、飲みにいった人たちもいたようです。さすが!

タグ:

 
0

インドー日本女性フォーラム

Posted by yishikura on 2014/11/21 18:42 in セミナー・シンポジウム

FullSizeRender (43)昨日11月20日午後、イイノホール&カンファレンスセンターで開かれたIndia-Japan Business Women Forumで短い基調講演をしました。For English=>  この催しについては何度かご紹介しているのですが、インドの女性ビジネスリーダー研究コースの一環として開かれたものです。

FullSizeRender (40)まずHIDA代表の金子理事長とMETI代表の福地さんのご挨拶の後、インドのWadhwa大使がご挨拶されました。私がインド大使にお目にかかったのは初めてだったのですが、このスピーチはとても力強く、またユーモアのセンスにもあふれたすばらしいものでした。

その後が、私の出番だったのですが、大使の言葉である「日本の完璧を目指すという良い習慣」を引いて、「完璧」は良い点もあるがやりすぎると問題もあるので、インドの「即興」を学ぶことも必要だと思う。。というようなことを言いました。またインドはまだま成長しているので成熟していて縮小の可能性もある日本と比べるととてもうらやましいとも言いました。(といっていたら、今朝聞いていた英語のPodcastでたまたまその話をしていたのですが。。)

その後、インド側の基調講演があり、休憩の後、私も参加したパネルがありました。会場からの質問も多く、インドについて新しいことも学ぶことができました。

FullSizeRender (41)そして今日11月21日はインドのメンバーと日本のメンバー数人とワークショップをしました。グループで課題を考えたのですが、なかなか活発であるとともに、皆それぞれ言いたいことがあるので、インド側は「聞く耳を持つ」ことが大切、日本側は「話すことが大切」と、協働するポテンシャルは大きいことがわかりました。

FullSizeRender (42)世界の変化を考えた後で、女性のリーダシップを進める具体案を考えたのですが、最後に、一人ひとりはインドに帰って何をするのか、またこのグループは協力して何をするのか、を考えてください、とお願いして、ワークショップは終わりました。 インドの女性グループとワークショップをしたのは初めてでしたが、文化、インフラ、社会慣習など、新しい発見も多々ありました。

 
2

女性活用はどこへ?私はどこへ?

Posted by yishikura on 2014/11/20 10:30 in セミナーの予定, 自分を外から見る?

12月21日が選挙になったので、今国会で成立を目指していた女性活用推進に関する法案は廃案になると聞いています。こうした政治の日程とは別に、女性だけに限らず、大きく世界が変わる時代にあって、私たち個人はどんな視点で、何をしたら良いか、自信を持つには何が必要か、という課題は、とても大切なものだと思います。

まさにその課題を考えようというのが今日20日午後イイノホールカンファレンスで開かれるIndia-Japan Business Women Forumであり、明日21日夜開かれる「ダボス。。を東京で」シリーズ第20回です。

最近感じるのですが、世界が急激な変化をする中で、不安になり、マイナスの面ばかり見ていると、体も心も縮んでしまいます。変化は、今までとは違うから、このままを続けたいと考えると恐ろしいような気がしますが、新しい可能性が開かれると考えると、心が弾むような気がするのではないでしょうか。

世界に対して、私はこういうことを目指している、今でもこんなことができる、といってしまうと、何とかそうしよう、と自分で自分自身を叱咤激励することになると思います。

最近の経験ですが、2つこれに関連する話を聞きました。ひとつは、世界に対して「日本は技術や文化がすごい!」とだけいうのではなく、「こんな失敗をしてきたが、そこからxxを学んだ」として教訓も伝えたら良い、という提案です。(私はこれがとても良いと思っています) 一方、別の場ですが、「『こんなことができる』といってしまうと、あとでできなかった時に困る」とためらう発言にも遭遇しました。

これは「常に完璧でなくてはならない」という呪縛のような気がします。こんなことを目指している、目指してきた、だけど失敗もあった、でもこうしたことを学んで、今も続けている、目指すものは変わらないという「自然体」Be Yourselfで行けばよいのではないか、と思うのです。何があっても何とか自分はやっていける、この分野では力がない、才能がないことがわかったが、だからといって、何もないわけではない、という自信とプライドは、誰にとってもとても大切だと思います。

ちょっと話が広がってしまいましたが、要するに、新しい可能性に目を向けること、自分を信頼することが大事だと思うのです。

タグ:

 
0

新しい出会いが続く

Posted by yishikura on 2014/11/19 18:13 in Off time, 世界とのコンタクト

FullSizeRender (13) (1)ちょうど1週間前ドバイから帰ってから、なぜか、連日会食や会合が続いています。For English=> 翌日の昼は、スウェーデン大使の公邸で来日中の大臣とのランチ。夜は春学期、KMDでお世話になったIBMの方々との会食、次の日はエムスクエアの加藤さんと「ダボス。。」の相談をするためのランFullSizeRender (33) (1)チ、夜は新しいオフィスに移ったInnovaのレセプション。日曜日はBBCの方からお誘いいただいたディナー、月曜日はFullSizeRender (34)UNDPのクラーク総裁との会食、そして昨日は以前一橋ICSで一緒に仕事をしていた仲間との会食でした。私は夜は比較的早く寝るので、会食などにはほとんど行かないのですが、今回はなぜか続いてしまいました。

前からの友人やお世話になった方々との会食はもちろん楽しいのですが、新しい出会いがかなりあって、興味深い話をたくさん聞くことができました。Innovaでは、コンセプト・マーケティング(まだあまりわかっていませんが。。)、BBCのディナーではシリコンバレーやサンフランシスコの話(サンフランシスコから来ておられた方がお二人おられたので)、UNDPのディナーではアフリカなどの新しい話をいろいろ伺うことができて、とても楽しいものでした。

もちろん選挙はどうなっているか、など日本のこともたくさん聞かれるわけなので、いろいろ自分でも考え、説明する良い機会にもなります。

私にとって一番大事な資源は時間ですが、形式的な会合や会食ではなく、新しい出会い、新しい知識などが得られる場合は、行って本当に良かったと思います。これだけ有意義な会合が続くのはラッキーです!

 
0

新しい仕事のデザイン?

今日11月18日午後、サンケイプラザで開かれたHRカンファレンスで「グローバル・リーダー」に関する講演をしてきました。最近の会議や会合での経験を含めて、日本にいるとなかなか実感できない世界の状況、日本の今後、そして企業と個人の仕事の仕方について、お話しました。ちょっと飛びすぎていたかな、とも思うのですが(短期的な案も紹介したつもりですが。。)、長期的な方向性としてお話したクラウドソーシングのことを書いた記事が1ヶ月たってポストされました。東レ経営研究所のサイトにいっていただき、経営センサーのバックナンバー10月号に行くと、「視点論点」というコラムがあり、そこから見られます。

これは、今日HRカンファレンスでお話したことの初期段階のアイディアを書いたものです。この記事を書いたときから、Global Agendaサミットなどの国際会議やここ数日間の会合ーIT企業、ベンチャー、メディアやアート、そして国連開発計画の方々ーがあり、世界も刻々と変わっているので、アイディアはまた進化?していますが。。。ぜひごらんください。

HRカンファレンスではグローバルも実践が必要ということをいうために、最後に今週金曜日に開かれる「ダボス。。」のことをご紹介しようと思って、あやうく忘れる所でした。(時々こういうことがあります。ちょっと恥ずかしい!) お申し込み詳細は上記からできますし、もしHRカンファレンスにいらっしゃる場合(まだあと2日あります!)、チラシはたくさんおいてきたので、そちらもご覧ください。

 
0

今週のイベントご案内-18、20、21日

Posted by yishikura on 2014/11/17 13:39 in セミナーの予定

今日11月17日から始まった週、私は久しぶりにずっと東京にいるのですが、会合がいろいろ予定されています。その中で、一般に公開されているものをご紹介します。For English=> 

まず第一は、明日11月18日から3日間開かれるHRカンファレンス「日本の人事を考える」です。私は明日18日の15時から「グローバル時代のリーダーシップ」というようなタイトルで講演をします。 このカンファレンスは3日間開かれますし、多くの方々が講演をされるので、ぜひこちらから詳細をご覧ください。

11月20日午後は、イイノホールで、India-Japan Business Women Forumが開かれます。ここでは短い基調講演とパネルをします。英語ですが、同時通訳があります。私の講演のタイトルは、”Women Empowerment- Why now?”です。このフォーラムについては、こちらからどうぞ。

120104_Triumph_004 21日夜は、昨年初めから続けている「ダボスの経験を東京で」シリーズの第20回ー築地市場の近くにあるトリンプ・インターナショナル・ジャパンでーです。こちらは、タイトルが「ひとり一人の自信を高めるー特に女性?」というタイトルで、小グループで、英語でいろいろ具体的なアイディアを考えるものです。トリンプの商品がディスプレイされているラウンジでやるので、カジュアル、インフォーマルそして楽しくちょっと華やか?なものになりそうです。(左の写真)

トリンプだからといって女性だけではなく、男性の方にもぜひお越しいただきたいですし(大手をふってトリンプに行ける機会はあまりありません!)、国籍、年齢などまったく関係ないので、新しいアイディア、英語に興味のある方、ぜひお越しください。いつも半分以上が初めての方で、始まる前は英語?と心配しておられますが、何でも話せるし、いろいろな方に会える!といっておられます! こちらからぜひ登録してください。

タグ:

 
0

高齢化への対応は、世界の変化と同じ?

Posted by yishikura on 2014/11/16 18:13 in 学ぶ, 家族・友人

私の父は92歳で母が2年前に亡くなった後、私のアパートから比較的近い(タクシーで15分位)シニア・レジデンスに住んでいます。歩くのがとてもはやかったのですが(私も父の歩き方に似ているみたいです!)、ここ1年位急激に足が弱くなって、今はキャリー?というものを使っています。
足の状態は、かなり良い時もあれば(キャリーを押していく位)、とても危なくて、食事をするテーブルにつくのも一苦労という時もあります。

昨日は私のアパートに来て食事をしたのですが、歯が弱くなっていて(歯はとても丈夫で、まだ自前です!)、固いものを食べるのがなかなか大変になっています。

FullSizeRender (20) 先週シニアレジデンスで一緒に食事をした時は全然そんな感じがなかったので、急にかもしれません。さらに、たまたま昨日はステーキにしてしまったので、小さく切って食べるのがなかなか大変でした。でも玄関までは車いすで、そこからはタクシーで帰ったのです。

FullSizeRender (19)そうした所、今朝、電話があちこちにかかってきて、「何か大変なことが起こっているのではないか」という不安に取りつかれてしまっていました。私が何度も電話で大丈夫といっても、また電話がかかってきたり、時々訪問してくれる従姉妹にも電話して緊急だから来てほしい、といったそうです。

思い返すと昨年も今頃?朝5時ころ私の所に来なくてはならない、とレジデンスの人や私のアパートの守衛さんに無理に頼んだことがあったので、夢を見たのかもしれません。

このように高齢化の現実を見ていると(もちろんn=1ですから一般化はできないのですが)、変化の急激なことに驚きます。良い方向にいっているかな、と思うと、全然違ったりということがよくありますし、思いもかけないような状況になることがあります。

高齢化はその人その人で違うので、前もって計画したり、予定しておくことができないことがよくわかります。変化の急なことは今の世界の変化の加速化にも負けないと思いますし、何が起こるかわからないというのも世界と同じという感じがします。 戦略?をたてておくのではなく、兆しに敏感で、柔軟にそしてResilienceで対応するのがよさそうです。

そう考えると、高齢化は世界の変化への対応のシミュレーションともいえるかもしれません。(ちょっと飛躍していますが。。)

 
0

アート?-11月24日六本木

Posted by yishikura on 2014/11/15 13:55 in セミナーの予定, デザイン, 音楽・アート

来週の3連休最後の日11月24日に、六本木ヒルズで六本木アートカレッジ2014が開かれます。アートというと?という感じかもしれませんが、今世界では、STEM(Science, technology, engineering, math) というスローガンに加えて、STEAM(art)が強調されつつあります。アートの重要性が見直されているという感じです。

この数年脚光を浴びているデザイン思考やリベラル・アーツの必要性から考えても、アートを身近にという動きはとてもうれしいものです。

私は一昨年このイベントに参加していましたが(昨年は日本にいなかったのか?見逃したのかどちらかかもしれません。)、今年はまたホットな方々がたくさん登場します。私も存じ上げている方が数人(為末さん、竹中さん、伊香さん、遠藤さん、猪子さん、 Todd Porterさんなど)スピーカーです。 一日いろいろなセッションに行けるので、とてもおすすめです。詳細お申込みはこちらからどうぞ。

 
0

「自信を高めるー成長への鍵」11月21日です!

Posted by yishikura on 2014/11/14 14:50 in セミナーの予定, 世界とのコンタクト

先日もお知らせしたように、11月21日金曜日、「ダボスの経験を東京で」シリーズ第20回が築地市場近くのトリンプ・インターナショナル・ジャパンで開かれます。For English=>  今回のテーマは「ひとり一人の自信を高める」というものです。

10517363_10152832771899172_3449500788066332470_oこの10日間で私は2回ドバイでの会議に出席しました。最初の回は、アラブ・ウーマンズ・リーダーシップ・フォーラムでのパネリスト、次はグローバル・アジェンダ・サミットです。 この2つの国際会議を通じて、”inclusive growth”がいかに今私たち皆の課題であるか、そしてこれだけ変化が激しい中、自信を持つこと(特に女性?)の重要性を再認識しました。(たまたま今日11月14日の日経新聞にウーマンズ・イニシアチブ・フォーラムの特集が出ていますが、そこで私の「何か変を大切に」というのも自分の感覚に自信を持とうということです。ーちょっと飛躍気味ですが。。)

今回のダボス。。は、一人ひとりの自信を高めるということをPRするために具体的にどんなアイディアがあるか、を考えるとともに、もっと広い視野から、inclusive growthも考えてみようと計画しています。

トリンプだからといって、女性だけと思わず、どなたでも、性別、年齢、国籍などにかかわらず、やってみようとという方は皆さん大歓迎です。ウェブサイトから今すぐ登録してください! ダボス。。はどんなことなのか、をちょっと見てみたい方は、先回のビデオをご覧ください。多くの皆さんのご参加をお待ちしています。

タグ:

 
0

サミット2日3日目

Posted by yishikura on 2014/11/13 15:19 in セミナー・シンポジウム

ドバイで11月9日から11日まで開かれていたグローバル・アジェンダ・サミットの続きです。(少し前後していますが) 2日前に終わり、昨日一日かかって日本に帰ってきたので、その記憶が新しいうちに、と思い、書くことにしました。2日目3日目レポートです。For English=> 

2日目の午後からは関連あるカウンシルとの会合があったのですが、AIとロボットのグループとの会合はかなり混乱しました!(人の話をさえぎって話す人がいたり、途中から入ってきて極端な意見をいう人がいたので、私は圧倒され、声も出ない!という感じだったのです。) Ageingのグループとの会合はまったく逆で、静かな感じでしたが、この2つのミーティングで、Job(仕事自体)をどう定義するか、ということがとても大きな課題であると確信しました。

FullSizeRender (24)FullSizeRender (25)2日目の夜は、例年開かれるCultural Soireeがドバイ国際金融センターで開かれました。交通渋滞がひどく、たどりつくまでに45分以上かかって、どうなることか、と思ったのですが、壁面を使ったビデオなどはものすごーいスケールでした。(左の写真) また2人のチェロというプログラムはなかなか圧巻でした。 こうしたプログラムが終わったのが9時だったので、皆食べ物のテーブルに集まり、ばたばたと食事をして、10時過ぎにホテルに帰って来ました。(帰りは道路もがらすき!)

3日目はカウンシルの会合が9時から(元は8時から)になったので、少しゆっくりした後、カウンシルの会合に行きました。みな2日目の関連あるカウンシルとのミーティングのレポートをしたのですが、AIと。。のグループに参加した人は皆、あれは何だ?というような感じだったことがわかり、圧倒されてほとんど発言できなかった私はちょっと安心しました。。。

FullSizeRender (26) 私たちのカウンシルとしての次のステップを決め、全体会議の場所へ。Al Gore氏などを含むディスカッションリーダーからのコメントを聞き、正式な閉会式があって、3日間のサミットは終わりました。(左の写真) 後で知り合い何人かと話しましたが、皆今回の会議の満足度が高かったようです。6年前に始まったときからはずっとよくなっていると私も思いました。

10日間で2度ドバイ往復とかなり強行軍でしたが、私にとってはとても有益な会合でした。

 

 

タグ:

Copyright © 2014 Yoko Ishikura's Blog All rights reserved. Theme by Laptop Geek.