0

速報!GAS2014第2回セッション

土曜日7月26日、六本木アカデミーヒルズでグローバル・アジェンダ・セミナー2014の第2回セッションが開かれました。For English=> 今回はまず私が初回に提出していただいたレポートを用いて、どのように書く力をつけるか、などを説明しました。

その後、カジュアル?なディベートを2ラウンドやりました。ひとつはディベートというよりは、ディスカッションなのですが、「N.マンデラとM.テレサはどちらがより世界にインパクトを与えたか。」 もうひとつは「ホワイトカラーエグゼンプションの導入には賛成か反対か」というものでした。

ほぼ参加者全員にとって、ディベート的なものは初めてだったので、とまどった方が多かったと思います。こうした力をつけるためには、ロジカルシンキングの基本ルールを学んだあとの「実践」が大事です。実際やってみて、いろいろわかったのではないか、と思います。

大学院などでもそうですが、何度も繰り返すとだんだんやり方がわかってきてうまくできるようになります。昨年3月にKMDで、私のプロジェクトの学生といっしょに試みた、聴衆もまきこむカジュアル・ディベートなどのビデオも参考になるのではないでしょうか。(私は頭がこんがらかりながら、英語と日本語で司会進行をしています!)

ディベートは、また機会を見つけてやりたいと思います。皆さんも、実践の場をなるべく増やすように、友人、仕事仲間と試してみてください。

タグ:

 
0

「気楽に声をかける。。」日経BP連載第2回

Posted by yishikura on 2014/07/29 08:20 in 記事・コラム・インタビュー

先週水曜日7月23日にサントリーホールで日経BPセミナー「つながる未来の創り」がありました。私は第2の力「自ら動く」というタイトルで短い講演をしましたが、このBiz Collegeシリーズ(といってよいのか?ですが)で書いているオンライン・コラム・シリーズ「グローバル・リーダー目指し、一歩前へ」の第2回がポストされました。

タイトルは、「気楽に声をかける、答える、質問する」というものです。(第1回にも「すぐそばにある世界」と「あまり大げさに考えない」ことを伝えたいので、タイトルがあまりおもしろくないなあ、と今、感じましたが。。)

海外では、気楽なコミュニケーションから、いろいろおもしろいこと、思いがけないこと、新しい機会が始まることを、私自身の最近、そしてかなり前の経験などから書いています。どうぞこちらからご覧ください。

 
0

速報「ダボス。。。を東京で」第17回「日本力、日本人?」

Posted by yishikura on 2014/07/28 16:11 in セミナー・シンポジウム

写真 (35)  金曜日7月25日、「ダボス。。を東京で」シリーズで「貴方のアイデンティティー生まれ変わるとしたら日本人?」を議論しました。For English=>
このテーマは、単なるYesかNoか、というのではなく、とても興味深い議論になりました。
国を初めとして、いろいろな境界の意味がうすれる中、「アイデンティティ」をどう考えるか。国籍はその中でどの程度の重要性を持つか、アイデンティティ、国籍、ナショナリズムの違いは、など小グループでの議論はいろいろな方向に進み、私にも学ぶ点が多々ありました。
写真 (36) ビデオやサマリーはもうすぐポストします。「ダボス。。」は8月は夏休み、次回は9月19日です。詳細はまたお知らせします。

タグ:

 
0

私の休日。。。

Posted by yishikura on 2014/07/27 22:34 in Off time, 音楽・アート

今日7月27日は「私の休日」でした。For English=> 自分のために一日使おうと考えていたのです。(この所、活動が多く、追われていた感じだったので。。)

写真 (31)写真 (33)朝は葉山マリーナまでいって、友人のヨットに乗せていただきました。 風がかなり強く、うねりもありましたが、とても快適。エンジンをとめて、風だけで海の上を飛んでいるように走るのは本当に爽快です。風のため、あまり船が出ていませんでしたが、私にとっては、とても楽しいものでした。
陸にあがり、持ち寄った(昨日準備をした)ランチをみなで食べて、ゆっくりした気分に。

少し早めに出て、私は自宅に帰り、急いでシャワーをあびて、今度は東京国際フォーラムのコンサートへ。とても好きな髙橋真梨子のコンサートーAdulticaです。今回のツアーの初期に横須賀でみたのですが、会場の規模も違うし(東京国際フォーラムは5000人収容!それが満席!)、これまで1か月以上?全国を回っているので、内容も練られているようでした。(今回の構成はとても良いのですが、さらに良くなっていました。)

写真 (32) しかし最初のうち、観客が比較的「静か」でした。初めての方がいつものコンサートより多かったのが原因のようでしたが、うまく話を進めていったので、だんだん観客ものってきました。(左の写真は終わった後、5000人がホールを出てきている所) 2時間以上休憩なしのコンサートで、セットも洗練されていて、とても充実していましたし、楽しいものでした。

というわけで私の休日は終わり、明日からまたいろいろな活動です。リラックス、リフレッシュした一日、腕がものすごーく日焼けしていました!

 
0

いよいよ空へー社会起業家のためのBlue Wing

Posted by yishikura on 2014/07/26 13:51 in 事業戦略

今日7月26日に第2回セッションが開かれるグローバル・アジェンダ・セミナー(GAS)は,2010年からはじまったセミナー・シリーズです。
For English=>  その第1期生であるANAの深堀さんが考えたBlue Wingという企業と社会起業家両方にメリットがあるプログラムが、ANAのグローバル戦略の1つの施策として、本格的に始まります。

2010年、Room to Read の創始者であるJohn Woodとのセミナーで、世界を変えようとする社会起業家の活動のコストの大きな部分を占めるのが航空費であることを知った深堀さんは、ANAの本業である航空サービスを提供することによって、こうした活動を支援できない、か、またANAの社会的活動としてもユニークなプログラムがデザインできるのではないか、と考えました。

Blue Wingと名付けたこのプログラムはその年の個人プロジェクトのグランプリをとり、私もANAのアドバイザリー・ボードの一員であったことから、ANA,のトップにも何度も説明しに行きました。

深堀さんが、一人でいろいろ考え、プランを修正し、社内でもいろいろな部門に働きかけ、昨年春にはボランティア・レベルでしたが、Blue Wing プロジェクト・チームが発足し、私もそのキックオフでお話する機会を得ました。

このころは、チームメンバーもパッションに燃え、エネルギーが高かったのですが、なかなかそこから進まず、今年春からようやく実験的にやってよいという会社のOKが出て、Blue Wingのウェブサイト、一般への告知とサポートの仕組みが整いました。

しかしいろいろな制約があって、なかなか一般の方からのサポートが伸びない中、このままでは実験プログラムの目標が達成できず、プログラム自体が立ち消えになる可能性が強いと思い、5月の「ダボス。。を東京で」では、サポートを伸ばすための具体的なアイディアをみなで考えました。

私もウェブサイトから毎週のようにサポートをしていたのですが、その後、しばらくたって、深堀さんから、全社のグローバル戦略の一つの施策としてBlue Wingを継続する、という知らせが来ました。4年間かかったのですが、あきらめず、努力を続けて、成果に結びつきつつあることを知って、私もとてもうれしく思っていました。

そうしていたら、今週月曜日に鹿児島へのフライトの中で、Blue Wingのプロモーション・ビデオを見つけたのです。ビデオを機内でやっていることを知らなかったので、あわててCAに聞いて、ヘッドホンで音声を聞きました。その後、木曜日に福岡にいった時も、またそのビデオを最初から見ました。(今度は出るだろうと予想して、待っていたのです)

Blue Wingはまだ始まったばかりですが、企業内で、社会的活動をする企業内社会起業家のアプローチ、そして企業が共有価値を創造するための好例として、Blue Wingは位置づけられると思います。今後さらにサポートしていきたいと思っています。

タグ: ,

 
1

「日本力」「日本人」?

Posted by yishikura on 2014/07/25 07:55 in セミナーの予定, セミナー・シンポジウム

昨日7月24日福岡で開かれた西日本生産性会議2014の展開討議のコーディネーターをする機会をいただきました。For English=>  2日間にわたって開かれている(今日が2日目です)会議全体のテーマは「今こそ活かせ『日本力』-ゆるぎない成長をめざす労使の挑戦」というものでした。

私がコーディネーターをした展開討議は、安川電機津田会長兼社長、連合の古賀会長、BCGの御立さんがパネリストでした。 企業、労働組合、コンサルティングという立場から、現在の事業環境、今後の課題などをお話いただいたのですが、「日本力」とは、「日本力」をどう活かすか、ということが議論になりました。

参考になるお話が多々あったのですが、国、組織だけでなく、個人、特に若い世代の力をどう高めるか、に一番関心を持っている私は、「日本力」と「日本人」のつながりを考えさせられました。

その意味で、今晩25日に開かれる「ダボスの経験を東京で」第17回「生まれ変われるとしたら、日本人に生まれたいか?」という質問を、今晩の参加者がどう考えるか、どう答えるか、はとても興味深いと思います。(実は、2回同じ質問を大学生、若手経営者にしたことがあって、反応がとても興味深かったのです。) 「日本力」とは人からかけ離れたものではなく、「ユニークな」力や知識を持つ人の集合から成り立つものだと考えるか、グローバル化がこれだけ進んだ中で、「日本力」「日本人」の意義は何か、などもう一度考えてみる機会になると思います。

「ダボス。。」は今晩19時半からです。ウェブサイトから登録していただき、ぜひご参加ください。時々ウエブサイトがダウンしていたり、登録を受け付けないこともありますが、その場合は直接会場(Wilson Learning International)にお越しください。お待ちしています。

タグ:

 
0

GAS 2014 第1回レポート

Posted by yishikura on 2014/07/24 06:44 in セミナー・シンポジウム

6月29日に開かれたグローバル・アジェンダ・セミナー2014の第1回のレポートがアカデミーヒルズのサイトにポストされました。
2010年からずっとGASの強力なサポーターである黒川清さんが出席し、講演をしてくださったのですが、いつものように写真を多数使って世界の情勢や日本の課題などを話されました。

懇親会集合写真 (1)その後、名前を覚えるゲームをした後、「10年後、貴方の仕事は?」というテーマで議論しました。(これは私が最近特に関心を持っているテーマです。今度、世界経済フォーラムのFuture of JobsというGACのメンバーになったこともあるので) 第1回GAS2014のレポートはこちらからどうぞ。 左はセッションの後、開かれた懇親会での写真です。

第2回は今週の土曜日です。1か月の間に世界情勢は大きく変わりましたし、2つのテーマでディベートをするので、楽しみにしています。

 

タグ:

 
0

レポート:かごしま産業おこし郷中塾

Posted by yishikura on 2014/07/23 08:36 in セミナー・シンポジウム

IMG_5732一昨日7月21日、鹿児島で「かごしま産業おこし郷中塾」にお招きいただき、午後3時間、ワークショップをしてきました。For English=>  この郷中塾では昨年も講演をしたのですが、その時は講演をしただけで、帰ってきてしまい、皆さんのグループ活動や懇親会に参加することができませんでした。

今回は時間をとって、グループ活動も参加し、懇親会にも出席してきました。リーダーシップというテーマだったので、先回とは少しは違う話をしようと、最近私がしている活動などもレビューして、レジメや参考資料、スライドを準備しました。

当初は40分位の予定だったのですが、12月のセミナーからどれだけ世界が変わったか、という話をしていたら、予想以上に時間がかかってしまい、1時間位、私が一方的にお話してしまいました。(特に日本にいると気が付かないのではないか、と感じていることが多かったので、力が入ってしまったのです。。。)

その後、8グループに分かれて、まずご自分のビジネスや仕事に今後3年間で大きな影響があると思われる変化を3つリストアップして、その理由と影響を考えていただきました。 皆さんのレポートを聞いていたら、わりに一般的な話が多かったので、軌道修正が必要と思い、セミナーの最後に紹介したRosabeth Moss Kanterの「企業変革におけるリーダーの6つの鍵」を使って、それぞれ何が得意で何が苦手か、と全体で議論しました。

答は多様だったのですが、苦手として一番多く選ばれたTeam UPを選んだ方にコメントしていただき、その後、Team UPが得意な人にも経験をお話いただきました。参加者の皆さんは経営者が多かったので、とかく「一人で考えなくてはならない、何でもやらねばならない」と思われるのではないか、と、こうしたグループを活用して、お互いに経験や知識をシェアできることをお知らせしたかったのです。

最後は「生まれ変われるとしたら日本人に生まれたいか?」という質問でした。6月に一橋の渋澤プログラムの学生とも同じテーマでディベートしましたし、今週金曜日は「ダボス。。」でもこのテーマをするので、鹿児島でもやってみたのですが、非常に興味深い結果になりました。

圧倒的に「日本人に生まれ変わりたい」という答えが多かったのです。その場でコメントもしましたが、「現実的で、『これまでと今』の状況から、日本人が良い」という趣旨のご意見が多かったように思いました。こうしたテーマは、「仮の質問」なので、想像力を豊かに、自由に答えて良い、(ある程度「遊び心」でやってみる!)と感じられなかったのかもしれません。実際、「愛国心を問われているようでプレッシャーがあった」というコメントもありました。

その後の懇親会では、桜島やフェリーが行きかう海をバックに、皆さんとお話しました。(上の写真) 3連休の最終日にもかかわらず、参加してくださった皆さんに感謝しています。

 
0

次世代リーダーたちは何を。。

Posted by yishikura on 2014/07/22 22:31 in 記事・コラム・インタビュー

今日7月22日からダイヤモンド・ハーバード・ビジネスのサイトで、「次世代りーダーたちは何を実現しているのか」というシリーズが始まりました。 今回は前置きみたいなものですが、これからここでいっている New Globalistと対談をしています。(実は第1回はすでにやりました! とても興味深く、新しい発見がたくさんありました。) 第1回の連載は、こちらからどうぞ。

 
0

生まれ変われるとしたら?

Posted by yishikura on 2014/07/21 20:42 in キャリア, プロジェクト

今週金曜日7月25日の「ダボスの経験を東京で」では、「もしあなたが生まれ変われるとしたら、日本人に生まれたいか? がテーマです。For English=>

ワールドカップ中は、国の代表チームを応援するのに一生懸命で、国籍への感覚が増したのではないか、と思うのですが、一方、グローバル化の進展も事実です。 こんな環境の中、皆さんは国籍をどう見ておられるのでしょうか。  「もし、生まれ変われるとしたら、日本人として生まれたいか?「が問いかけです。 25日金曜日午後7時半からウィルソンラーニングセンターで準備を行います。 多くの方々、ぜひご登録ください。

タグ:

Copyright © 2014 Yoko Ishikura's Blog All rights reserved. Theme by Laptop Geek.