0

お知らせ:ブログのお休み

Posted by yishikura on 2015/03/27 11:58 in 未分類
 このブログを公式ウェブサイトとしてリニューアルしています。そのため、明日3月28日から数日(1日2日で終わる予定です) ブログはお休みです。For English=>  新しいウェブサイトは同じURLから​見ることができますので、もう少しお待ちください!
 こういうことは、大体4月1日から新しく、というのが良くある話ですが、4月1日だと冗談か?と思われるかもしれないこと、カレンダーにあわせるより、少し前にしたい!といういつもの私のパターンで早めに作業を進めています(というより、サポートしているチームの皆さんにお願いしています!) 春とともに?新たに登場???

 

 
0

「ダボスの経験をOgilvyで」ービデオをどうぞ!

Posted by yishikura on 2015/03/26 14:02 in セミナー・シンポジウム, メディア

先日速報をお知らせしましたが、先週金曜日3月20日に恵比寿ガーデンプレイスのOgilvy & Matherでやった「ダボスの経験を東京で」第24回のビデオとサマリーがポストされています。For English=> 

「ブランド」という概念を創ったDavid Ogilvyの創業したO & M社で、「変化する広告・メディア業界でのブランドつくりを考える」というテーマでした。OgilvyのオフィスはさすがCreativeという感じ。そのせいもあって、定員があっという間にいっぱいになってしまい、当日はかなり混雑していました。

最初から参加者の好きなブランド嫌いなブランドを考えていただくというように、皆さんを巻き込み、O&MのBig Idealの紹介をしていただいた後で、小グループでのワークショップをしました。

最初のビデオが50分くらい、各グループのプレゼンテーション(これが結構おもしろい!)が30分強。その後、セッションの前と後に私がO & Mの会長である久保さんや初めての参加者にインタビューした短いビデオクリップがついています。どんな感じか、ぜひご覧ください。

なお次回の「ダボス。。を東京で」は4月17日、今度は農業や食にテクノロジーをというテーマで企画しています。登録は始まっていますので、詳細、お申し込みはこちらからどうぞ。

タグ:

 
0

「農業にもイノベーションを!ダボス。。東京で」第25回

Posted by yishikura on 2015/03/25 23:11 in イノベーション, 科学・技術

4月17日(金)、「ダボスの経験を東京でシリーズ」第25回がいつもの会場であるWilson Learning Worldwideで開かれます。 For English=> 今回のテーマは「農業や食のサプライチェーンをテクノロジーで変身させる!」というもので、ゲストにm2-lab(エムスクエア・ラボ)の創業者 加藤百合子さんをお招きしています。

農業や食は最近、TPPや農業改革が話題になる中、メディアでも多数の記事や意見が見られ、ホットな課題です。また、「食」は生活の基盤ですから、私たち皆、消費者として、おいしく新鮮で安全な食品を求めています。これだけ重要な分野にもかかわらず、テクノロジーの応用や斬新なイノベーションが農業や食で起こったという話はあまり聞きません。

加藤さんは、エンジニアの知識やNASAや産業機械の開発に携わっておられたご経験から、農業とほかの分野ーたとえば、教育、観光、工業ーなどを組み合わせた「農業X。。。」というコンセプトをいろいろ考えておられます。

「ダボスの経験を東京で」シリーズ第25回に参加して、「農業X。。。」というコンセプトの具体的なアイディアを考えませんか。 農業や食は利害を異にする関係者がいろいろいるので、その中で具体的なアイディアを考え、実行するために、皆さんにロールプレイをしていただこうか、とも考えています。詳細、登録はこちらからどうぞ! 4月17日に皆さんにお目にかかることを期待しています!

タグ:

 
0

「観客も舞台に?」日経BP連載その18

数ヶ月ずっと連載している日経BP Biz College「グローバル・リーダー目指して、一歩前へ」の第18回が、今朝3月24日から、ポストされています。先回はプレゼンテーションその1として、最高のプレゼンテーションは「貴方自身のストーリーを語ること」といいました。でも、皆の前でプレゼンテーションをする以上、聞いている人、見ている人に関心を持ってもらうことも、とても大事です。

というわけで、今回は、聞いている人、見ている人にどう働きかけて、その人たちも舞台にあがってもらうか、について書いています。コラムはこちらからどうぞ。

 
0

閉会式:Beyond Tomorrow-2015年春プログラム

Posted by yishikura on 2015/03/23 17:14 in Off time

今朝、Beyond Tomorrowという組織のスプリング・プログラム2015の閉会式に行って来ました。For English=> 東北の高校生を支援するこのプログラムは、私の友人、坪内南さんが事務局長をしていることもあって、ここ数年活動に参加しています。何度かセッションをしたり、ランチに出席したりしているので、その時の人たちと会えるかな、と楽しみにしていました。

IMG_4940 まず南さんが20日から行われていたプログラムの概要を説明し、その後、4つのプレゼンテーションがありました。3つは秋?に予定されている高校生のためのプログラムへの提言と行動計画、そして最後の1つは、Beyond Tomorrow自体の次のステップを提案するものでした。私もいろいろなイベントなどをしているので、参考になるアイディアがありました。

その後、これまで何度かお目にかかっている小泉進次郎内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官のスピーチがありました。小泉政務官のスピーチは、昨年秋のInnovative City Forumでのミーティングなど、プライベートな場で聞いているのですが、いつもとてもすばらしいです。今回も、学生の名前をよびながら話しかけ、プレゼンテーションにコメントし、ご自分の経験からわかりやすい、しかし、とてもインパクトのあるアドバイスをなさいました。日本では数少ない、プレゼンテーションの名手だと思います。

IMG_4941IMG_4933 最後は、高校生・大学生のコーラス「翼をください」でしたが、その歌詞を聞いていたら、思わず涙が出そうでした。「飛んで行きたい、悲しみのない自由な空へ、翼はためかせ。。」というものなので。(左の写真)

私が担当したセッションであった人と写真をとったり、しばらく話をしましたが、こうしたすばらしい活動に参加することができて、とても幸運だと思います。続けて行きたいです。

 
0

新しいプロジェクトいろいろ。。

Posted by yishikura on 2015/03/22 22:24 in Off time, プロジェクト

IMG_4928 誕生日も過ぎたし、(写真はいただいたお花とシャンパンーこちらは金曜日にやるパーティ用ですが。。) もうすぐフリーターになって1年だし、4月になるし、ということで、いくつか新しいプロジェクトが進行中です。まだ外に出すまでにいたっていませんが、ひとつは私が関与している活動をみなウェブサイトにまとめるというプロジェクト、もうひとつは新しい本のプロジェクトです。

前者は、自分でも混乱してしまうくらい、私がやっている活動、関係している組織がいろいろあるので、それを一目でわかるようなウェブサイトにしようという試みです。その背景にはいくつか理由があるのですが、ブログも日本語版、英語版があるし、twitter, facebookもやっているし、セミナー・シリーズも、オンライン連載コラムもいくつかあるし、社外役員やアドバイザーなどをしている組織もいくつかある(しかし所属している主な組織はないフリーター!)ので、それをまとめたサイトがあったほうが良いのではないか、ということから始まりました。実際、この1年、私はどこの組織にも属していないので、私に連絡をとりたいという問い合わせがいろいろな所にいってしまうという問題点がありました。ウェブサイトでまとまっていれば、わかりやすいのではないか、と期待しているのです。

後者の本プロジェクトのほうは、連載しているコラムや記事などをベースに新しい本を書くプロジェクトです。編集の担当者が、これまで私が書いたいろいろなコラムやブログから、アウトラインを作成してくださっている所なのですが(実はこの編集担当の方は、私がここ数年間、日本語で書くものー外に出すもの、ブログは除くーをほとんどすべてを見ていただいていた方なのでラッキー!なのです)、それを見ていたら、かなり前に書いたブログなどが出て来ました。いつ書いたかわかるので、「あの時はこの件でいろいろ考えていたのだなあ」などとちょっと懐かしく思い出しています。

私はいっていることがあまり変わっていない(新鮮味がないというべきか?)のですが、最近書いたコラムでも、あれ?こんなこといったっけ?というようなパラグラフを見つけることがあります。その時に強烈に感じていたことをそのまま書いているかららしいです。

主なメッセージ(どんな社会をつくりたいか、その中での私の役割、今、これからの世界、常に自由でいたい、そのための道具、毎日新しい自分でいたいなど)は、あまり変わっていないのですが、いろいろな所へ行き、人に会って、多様な経験をすると、その印象が強烈で、いつも考えていることが揺さぶられたり、違う色や角度を加えたりするので、その時感じた揺れや見えた?カラーに影響された表現を使うようです。

テーマが決まっている講演やプレゼンテーションでも全く同じことではなく、その直前に見たり聞いたりしたことを加えて、話をしようと心がけています。常に何か新しくないと、自分で飽きてしまうので。(写真が同じものを使うことも多いので、同じという印象を持たれるかもしれませんが。。。)

 
2

速報!第24回「ダボスの経験をOgilvyで」

15.3.20DEXall昨晩3月20日、恵比寿のガーデンプレイスにあるOgilvy & Mather Japanで「ダボス。。を東京で」第24回が開かれました。For English=>   テーマは、「変身するメディア業界でクリエイティブな価値を」、OgilvyにユニークなBig Idealというコンセプトで「ブランド」を見直そうというものでした。

O&Mpairまず私とO & M Japan Groupの久保会長のWelcomeの後、すぐ参加者に自分の好きなブランド、嫌いなブランドを考えていただき、それを隣の人に説明するという短いセッションをしました。すぐ皆さんに参加していただくと、あっという間に部屋のエネルギーレベルがあがるのです。特にOgilvy & Matherのご協力で企画された今回のセッションは、とても人気があり今までで最大の参加者が集まりました。

その後、O & G JapanのTodd Krugman 社長がO社のユニークさを事例とともに、そして伊藤直子さんがBig Idealというコンセプトと事例を説明してくださいました。

それからがいよいよ参加者の本格的な出番!各グループ6-8人くらいに分かれて、3つのテーマのどれかを考えていただきました。3つとは、1)最初に考えた好きなブランドをBIの観点から見直す 2)自分のブランドをBIから考える 3)O 社のBIを日本で理解してもらうためのアプローチを考える、です。

GRP1BIはかなり概念的なので、具体化する、それも30-40分くらいでという課題にどのグループも苦労していましたが(私自身も実際やってみるとなかなか難しいことが良くわかりました)、最後は各グループからレポートバックをしていただきました。いつもですが、苦労していても、なるほど!というものがいくつかありました。

IMG_4916最後にそれまであまり親しみがなかったO & Mのことをもっと知っていただきたいこと、そしてBIというコンセプトを自分のブランディングに応用してはどうか、と提案して、セッションは終了しました。

その後、すばらしいオフィスで開かれたネットワーキングでは話が弾み、とうとう10時半過ぎに追い出される!まで、多くの人が残っていろいろ話をしていました。Ogilvy & Matherの皆様、こうした機会を提供していただき、ありがとうございました。

セッションのビデオと前後にやったインタビューはまたサイトにポストしますので、もう少しお待ちください。

タグ:

 
0

Do as I do…

Posted by yishikura on 2015/03/20 18:32 in 当事者力, 自分を外から見る?

私のモットー?は、Do as I sayではなく、Do as I do.です。つまり「こういうことをやりなさい」と第3者的に人にいうのではなく、自分が人に言っていることをまず実践しよう、ということです。ですから、「21世紀は、組織に属さないでも個人で世界を対象に活動できる!」と若い人にいっていることに気がつき、自分でも組織に属さずフリーターとして活動しています。(「自由人」といっていたのですが、最近は「自遊人」のほうがよいかな、とも思っています)

そのモットーを自分自身が実行する必要性、またしていないこと気がつくという経験をこの一週間にしてしまいました。

ひとつは、日経BP BizCollegeに連載しているオンラインコラムで「プレゼンテーションの実際」を書いた時のこと。以前、実際やったプレゼンテーションを例に準備の仕方を説明した結果、今週予定されているプレゼンテーションを考える際、「ああそうか!」と思い出し、その手順でやり直したことです。これは、土壇場で「人にいうことを自分が実践する」ことが何とかできました。

しかし、もうひとつのプレゼンテーションは、テーマがちょっと難しかったこと、土壇場までいろいろ流れを考えてスライドを準備していたせいで、結果は、時間を少しオーバー、スライドの枚数が多すぎて十分説明できず、ということになってしまいました。

いつも「時間に余裕を持ち、制限時間以内で終わるように何度も練習する!」と人にいっている割に、それを実践できなかったのです。「自分でいっていることを実践できないで、だらしがないなあ」と大いに反省してしまいました。(そこで急遽、説明できなかったスライドをまとめて、サイトにポストできるように突貫工事をしましたが。。。)

人にいう(Do as I say)のは簡単ですが、それを自分で実践する(Do as I do)のは、なかなか難しいこと、何度もやっていることでも自分の行動や活動を振り返ってみることが大事なことを痛感しました。

 
3

EYセミナー終わる!

Posted by yishikura on 2015/03/19 21:38 in セミナー・シンポジウム, 事業戦略

ここ数日かなり苦労していた「持続可能な経営」のセミナーが終わりました。とても多くの方にお越しいただき、第1部では、日立製作所の川村相談役、ミネベアの貝沼社長とともに、講演をさせていただきました。第2部ではエーザイの柳さん、ユニリーバの北島さん、EYの牛島さんと、同じくEYの大久保さんのモデレーターのパネルに参加しました。

川村さんのお話は昨年夏伺ったことがあり、ぜひ聞かせていただこうと少し早めに行きました。「イノベーションは枠の外に出ること、グローバリゼーションは多様性」「大事は理、小事は情」「平時こそ改革」など、とてもわかりやすい言葉でのお話は、先回と同様とても感銘を受けました。川村さんは私が最も尊敬する経営者の一人です!(勝手に思っているだけですけど。。)

貝沼さんのお話は、残念ながらパネルの打ち合わせをしていたため、最後しか聞けなかったのですが、パネルでのご発言から世界各地での製造現場の実態を少し垣間見ることができたように思います。

私の講演は、40分の割りにスライドが多すぎて(かなり苦労したので、土壇場までやっていたー皆にやってはいけないといっていることを自分でやってしまった!)、事例をかなりはしょってしまいました。(今スライドの一部を参加者の方々にごらんいただけるよう、ポストしようと計画しています)

パネルも参考になるコメントが多かったのですが、私は「世界のどこでも活動できる個人を多数つくり、国籍、年齢、経歴に関係なくその人たちが活躍できる社会をつくる」ということが自分の理想とするビジョン・社会なので、ちょっと?というコメントが多かったようにも感じています。

この所、かなり心配していたことなので、何とか無事終わって、本当にほっとしています! (数日は、Tweetもfacebookもブログも書く余裕のない日々だったので、ここでがっくり来ないようにしなくては。。。) 関係者の皆様ありがとうございました。

 
0

ニューヨークの買い物。。

Posted by yishikura on 2015/03/17 23:00 in Off time,

IMG_4907 「ショッピング」はできればやらずにすませたい活動のひとつです。For English=>   見て歩くのが好きな数少ない例外が生活用品、中でも台所用品です。

今回のニューヨーク滞在中にも、台所用品を2点買いました。ひとつはミニグレーター(チーズなどを削るもの)、もうひとつはガーリックをスライスしたり、みじん切りにしたりするものです。

IMG_4906 チーズグレーターは良く使うので、普通のサイズのものはもっているのですが、これは小さくてかわいいので思わず買いました。(となりにおいたペンからサイズがわかると思います)

ガーリックスライサーは、デザインが気に入ったのと、スライスもみじん切りもできそうだったので、買いました。

今日初めてガーリックスライサーは使ってみたのですが、みじん切りをスライス用に替えることはできたのですが、上の部分は替えることができず、結局スライスではなく、みじん切りになってしまいました。味は同じだからまあいいや!ということにしましたが。。。(左の写真は閉じた所、右はトップを空けた所。上の部分をはずすことができないので、スライスができないのです。。。)

Copyright © 2015 Yoko Ishikura's Blog All rights reserved. Theme by Laptop Geek.