0

カウアイでもZip Lineを。。。

Posted by yishikura on 2014/12/20 14:41 in Off time

IMG_4274 今日12月19日、Zip Lineを試しました。For English=>  昨日で、取締役会やその他の電話会議が終わり、来年初めに予定されている企業ワークショップの事前資料や課題(昨日は締切り)を送ったので、何か自分のためにしよう!と思ったのです。

IMG_4251また今回は期待していた小型飛行機に乗ることができないことがわかったので、今年の夏ウィスラーで試し、とても楽しかったzip lineを探してみたのです。カウアイでもいくつかのプログラムがあることがわかったのですが、近くにあり、カウアイで最長のZip lineそれも8回トリップがあるこのプログラムを選びました。(フロントの人が最近家族と試して、とても楽しかったといっていたのも決め手になりました!) 昨日電話をかけて、今日の予約をしたのです。

私がカウアイに来てからずっと風がとても強く、雨が多かったのですが、今日はとても天気がよく、最高の日でした。(ちょっとだけ、蚊にくわれましたが。。)

4人の家族と一緒にガイドが二人ついて、8回zip lineのtripをしました。今年夏にやっているので、様子はわかっていましたが、景色がカナダとは違いますし、一番長いのは800mくらいだったので、かなり長いトリップでした。

IMG_4242IMG_4281写真は自分でもとりましたが、スタッフがとってくれた多数の写真も手に入れたので、またお知らせします。

 
0

2回乗った小型飛行機が。。。

Posted by yishikura on 2014/12/19 17:45 in Off time

IMG_1390 私が飛行機のパイロットのライセンスがとりたい、と思う直接のきっかけになったのは、昨年12月にカウアイで友人の持つ小型機に乗せてもらったことがきっかけです。
元から飛行機や飛行機で行く旅は大好きなのですが、小型飛行機に乗せてもらったことから、すっかり虜になってしまい、ライセンスがとりたいなあ、とまで思うようになったのです。

今回も、カウアイに来たので、また乗せてもらえるかな、と期待していました。ところが、その飛行機が故障してしまい、墜落しかかって、友人(正確には私の昔からの友人のご主人)はタッチの差で無事だったと昨日聞いたのです。(左の写真)
小型飛行機は結構事故があり、事故があるとほとんど助からないことが多いです。友人は飛行機を共有していたその友人が飛んでいる時に変な音がしたため、あわてて近くの空港に降りたそうです。その後、様子を見て、近くの空港から元の空港に帰ろうと思ったときに、調子が悪くなり、苦労して何とか降りたと聞いています。
IMG_1387 友人は、仕事が航空会社の整備担当で、飛行機が大好きなので、今、次の飛行機を探している所だそうです。(怖い思いをしたせいか?共有していた友人はもう持ちたくないといっているそうです)

パイロットは私の友人のご主人なのですが、友人は「墜落しなくて本当に良かった!」といっていました。(左の写真は友人がパイロット、私が隣の席にいます!)

私はまた乗れるかな、と期待してきたことを友人ご夫妻は知っているので、「次に来るときにはまた飛行機があるから」と慰められています!

 
0

「ダボス。。」21回のビデオ

Posted by yishikura on 2014/12/18 09:26 in キャリア, セミナー・シンポジウム

この間速報をお知らせしましたが、12月12日にやった「ダボス。。を東京で」第21回のyoutubeビデオがポストされています。For English=>
今回はいろいろな活動をしたので、それをカバーしようとしていて、50分と少し長いですが、どんなことをするのか、というイメージがわくのではと思います。
まず最初の4分間くらいは、私のwelcomeと2014年を振り返って、という説明です。各人自分にとっての2014年を示す英語の単語を考え、小グループでその言葉と理由を説明していただいています。(皆英語)

各グループでの活動をうつしたビデオが数分続いた後(英語の言葉には、changeというのも見受けられました)、今度は2015年に一番重要と思われる課題は?という事前の投票結果を紹介しています。

これがパート2の始まりなのですが、今回は、その場で皆さんに投票していただくという試みをしてみました。小さなデバイスを使って、テストをした後、本題である2015年に一番重要なテーマの投票をした所、「仕事の将来」がダントツでトップになりました。この結果はとても興味深いものでした。というのは、私が今年からメンバーになっている世界経済フォ-ラムのGlobal Agenda Council Future of Jobsと直接結びつくからです。

それからパート2の小グループでのディスカッションが始まりました。そこではグループとして、ひとつテーマを選び、そのテーマについて、どんな活動を「ダボス。。東京で」のセッションでしたら良いか、というクリエイティブなアイディアを議論していただきました。 ビデオでは各グループで熱心に議論している姿が出てきます。

その後、19分くらいから35分くらいまで、各グループからのレポートがされています。それぞれのレポートバックの後で、私が少しコメントをしているものもあります。それは、来年お招きしようと計画したり、考えようと思っているテーマやフォーマットが出てきているからです。

37分以降は、私がファシリティターになって、全体で議論をしました。4月からフリーターになったのですが、「新しい仕事」をしていると、どんなことが起こるか(オフィスを持たないので、どこでも仕事をしてしまう!など)私の経験も少し話したり、GACの計画を紹介したりしています。

というわけで、50分とちょっと長いですが、皆さんのご関心がありそうな所だけを見ていただけると良いと思います。今回はパートが2つ、投票をしたり、といつもの回より盛り沢山でした(それに最近としては、珍しくほとんど日本人ばかりでした)が、イメージはわくのではと思います。これからもいろいろな活動を試していきたいと思っています。ビデオへのリンクはこちらです。

タグ: ,

 
0

GAS2014最終回レポート

Posted by yishikura on 2014/12/17 09:06 in セミナー・シンポジウム

先日、速報はしましたが、12月7日に六本木アカデミーヒルズで開かれたグローバル・アジェンダ・セミナー(GAS)2014の最終回の様子が、アカデミーヒルズのサイトにレポートされています。

ちょうど選挙の1週間前でしたが、日本経済再興のひとつの鍵と思われる起業をふやすためには何をしたらよいか、というテーマを、来年1月に開かれるダボス会議の特別サイド・セッションでやるとしたら、という設定で、4つのグループ(文部科学省、MITメディアラボ、東京都、WCD)に提案していただきました。

noname6か月間、いろいろなテーマで議論をしたり、プレゼンテーションをした後、考えられそうな設定ということで、このテーマにしてみたのです。

いつもいわれることですが、基本にかえり、「誰を対象にしているのか、その人たちは何を期待してきているのか、わかりやすく伝えるためには、どんなストーリーにしたら良いか」などを見直す良い機会になったのでは、と思います。(私も結構厳しいコメントをしましたが。。)

noname (1)終わった後、参加者のアンケートを見たら、自分が6か月の間にどれだけ変わったか、ということが感じられるようなコメントが多くて、とてもうれしくなりました。それにお花までいただいてしまいました!(左は、終わった後、皆でとった写真です。)

タグ:

 
0

「自由」を感じる。。。

Posted by yishikura on 2014/12/16 16:05 in Off time

まだ、カウアイに来て2日目ですが、昨年何をしていたか、を見てみたら、今年はずっと「自由」な気分がすることを感じています。For English=> それにはいくつか理由がありそうです。

まず第一に、昨年までは12月に修士論文をいくつか読んでコメントをしなくてはならなかったので、とても時間に追われていましたし、友人から書籍をいただいていて、読まなくては、と思うプレッシャーもありました。(といっても、やっと時間ができたら読みたいと思っていたものを読んだという所ですが)

次に会議や取締役会がいくつかあり、時差がある中、電話会議で参加したことも時間に追われるひとつの理由でした。

さらには、12月22日が92回目の誕生日だった私の父のために、東京にトンボ帰りをして、従姉妹や友人を招いて、私のアパートでお祝いをしたため、あわただしかったのです。

しかし、今年3月に慶応を定年退職したので、読まねばならない修士論文はなく、会議も出なくて良くなりました。(私は生産性をあげるために、締切りぎりぎりになってから読むというルールにしているので、かなりプレッシャーがあるのです)

本は読みたい本だけをkindleで買ってきているので、プレッシャーがそれほどなく、ずっと気分が違います。
取締役会とその準備は今年も数回ありますが、ほかのことがないため時間に余裕がありますし、今年は東京にとんぼ返りをすることをやめて、帰ってから、父の誕生日を祝うことにしたので、その点でもだいぶ楽なのです。

IMG_4188「自由」を感じるのは、昨年数ヶ月にわたって悩まされていた腰痛がなくなったことが一番大きいようです。昨年は、11月以来、腰痛が治らず、ベッドボードを借りたり、床に寝たり、カイロプラクティックや針治療にいったり、と、そのためにかなりの時間を使い、行動が制限されていました。また腰痛は精神的なストレスによることが多いと聞いて、それも試したりしてみたのです。

腰痛は、夏までにだいぶよくなり、今ではすっかりよくなっているので、朝の運動も、ゴルフなども何でもできるようになりました。つまり私が大好きな活動ができるようになったので、「自由」を感じていることが大きな理由なのです。

以前、「あまりひどい痛みは人の性格を変えるー痛みがあると、人に親切にしたり、前向きな姿勢を持ち続けることは難しくなる」と聞いたことがありますが、本当だと思います。健康は失って初めてわかりますが、とても大切なので、やり過ぎないように、と心しています。

 
0

フライトの席を替えると。。

Posted by yishikura on 2014/12/15 19:53 in Off time

昨晩成田空港でチェックインしようとした所、前もって指定していた席をかわってくれないか、といわれました。For English=> 新しい席は同じタイプで一列後でしたし、理由は小さな子供連れの若い両親が隣に座りたいということだったので、すぐOKしました。

そうした所、航空会社のスタッフがとても感謝してくれて、ラウンジに行ったら、特別カクテルをつくってくれましたし、フライトでも何度かお礼を言われてしまいました。

またホノルルから他の島に行くフライトの乗換時間が1時間強しかないことを話したら、いろいろチェックしてくれて、荷物がはやく出てくるようにアレンジしてくれました。

結局、すべてうまくいき、私の前にいた両親は満足そう、そして私もフライトに間に合いました。

以前、同じようなことがあった(この時はJFKから成田行き)時に、OKして、冗談で「ファーストクラスにしてくれても良いけど」といった所、本当にしてくれたことがあったことは連載コラムに書いたので、何だかおかしくなりました。今回はファーストクラスがない機材(でもとても快適なもの)でしたので、そうはいきませんでしたが。。

休暇の始まりとしては、気分の良いものでした。

 
0

「ネットワーキング・オークション」ダボス。。21回続き

Posted by yishikura on 2014/12/14 15:01 in セミナー・シンポジウム

先日お知らせした速報に続き、金曜日12月12日に開かれた「ダボス。。東京で」シリーズ第21回の続報です。For English=>  来年の課題である仕事の将来について、小グループでディスカッションした結果をレポートしていただいた後、このシリーズの来年の計画をご紹介しました。

来年は3つのタイプのセッションー企業との連携、楽しいスキルっぽいもの、それから特別セッションーを交互にすることを企画していること(何が特別か、などはまたこのブログやface bookを見てください)と、6月までの日程をご紹介しました。すべて金曜日夜ですが、1月23日、2月20日、3月20日、4月17日、5月22にち、6月19日です。

私がいろいろな会議などでいただいたバッグ(世界経済フォーラムの年次総会や地域フォーラム、サンガレンシンポジウムなど)を、抽選で数人の方にさしあげ、皆さんに、ご自分が選んだ2014年を示す英語の言葉をもちよっていただき、グループ写真を撮り、メインセッションは終了しました。私は「Anewあらたに」という言葉を選んだのですが、Changeを選んだ方が何人かおられたようです。(グループ写真はできしだいポストします!)

FullSizeRender (37)それから、以前やっていたアークヒルズ・カフェに場所を移して、ネットワーキングとオークションをしました。今回は初めての方がかなり多かったので(私が最近やったセミナーやワークショップで紹介したので、お越しいただいた方がかなり)、その方々ともお話して、どんな感じだったかを伺いました。

今回のメインイベント?であるオークションに移りました。時間やロジスティックスの関係から、アイテムは10点に絞りこみ、皆さんに前もってリスト(写真、サイズ、参考にしていただく初値など)をお送りし、ほしいものがあったら考えてきていただきたいと思ったからです。

FullSizeRender (36)一番人気はHermesのスカーフ。9人がビッドしてくださいました。その他のアイテムについても、ビッドしていただいた中から一番高い値段をつけてくださった方が落札されました。(2点、落札された方は前もって、ネットで価格をしらべておき、それでビッドされたのです。宿題をやって、戦略的にビッドすると良いという教訓?でした。。。)

ビッドしたけど落札できなかった方にはちょっとしたプレゼントをさしあげ、今年最後のダボス。。のネットワーキングは終わりました。このオークションで、合計8万円強集まったので、私が追加してキリの良い数字(10万円)にして、今Ready forで資金集めをしているTeach for Japanに寄付します。

12月の忙しい時期にもかかわらず、ダボス。。の21回に積極的に参加していただき、ありがとうございました。またビデオができたら、お知らせします。

タグ:

 
0

父と鰻を。。。サスペンス映画からハッピーエンディングへ

Posted by yishikura on 2014/12/13 21:20 in Off time, 家族・友人

今晩(12月13日)、父を私のマンションによんで、一緒に夕食をしました。For English=> この所、大体毎週末、私が父のシニア・レジデンスに行くか、父が私のマンションに来るか、というパターンになっています。(以前は二人で外食をしたこともありましたが、歩くのがちょっと不自由ですし、寒いので、このパターンなのです)

FullSizeRender (34)先週は父が私のマンションに来たので、今週は私が父のレジデンスに行こうかと思っていたのですが、電話をした所、父はこちらに来たいというので、計画を急きょ変更して、私のマンションですることにしました。
メニューは何にしようか、と考えた(先週は洋風でした!)のですが、父の大好物の鰻にしよう!と考え、時々行くとてもおいしい鰻やさんに注文して、取りに行くことにしました。

鰻も持って帰ってきたし、ほかの料理もできた6時過ぎに、念のため父に電話をしてみた所、レジデンスで私を待っている!というではありませんか?!。父は昼間の会話をすっかり忘れてしまうことがよくあるのです。やはりそうか、でも電話してよかった!と思い、こちらに来る予定だけど、といった所、父はすぐタクシーでやってきました。(鰻を買ってある!といったのも良かったみたいです。)

大好物ですし、とてもおいしい鰻やさんなので、父は、大盛りのごはんもうなぎもすべて食べて、とても満足していました。(何度もおいしい、おいしい。といっていました)

その後、二人でコーヒーを飲み、チョコレートを食べて、父はタクシーで帰りました。(タクシーを待っている間、私のマンションのロビーにあるクリスマスツリーの前で写真もとりました)

父と夕食を一緒になどいろいろ計画すると、サスペンス映画を見ているか、出演しているような気になることがあります。何が起こるかわからないからです。「こういったけど。。」というのはほとんど通用しないので。。

でも今夜は、タイミングよく電話をしたし、ちゃんと食事もできたし、父がとても喜んでくれたので、ハッピーエンディングでした!

 
0

速報!ダボス。。「東京で」第21回

Posted by yishikura on 2014/12/13 00:20 in キャリア, セミナー・シンポジウム

今晩(12月12日)、「ダボス。。東京で」シリーズ第21回が開かれました。For English=> 今回は2014年最後の回なので、2014年を振り返って、この年をあらわす英語の単語を考えていただきました。(漢字では「税」という字が選ばれたようですが)

その後、2015年に重要と思われるテーマをOutlook on the Global Agenda 2015の中から選んでいただいた所、Future of workがダントツで選ばれました。
それではこのテーマについて、イベントなどを考えるとしたら、どんなアイディアが考えられるか、というテーマで小グループでのディスカッションをしました。各グループごとにとても興味深いアイディアがでて来ました。私はたまたま世界経済フォーラムのGlobal Agenda Council on Future of Jobsのメンバーなので、そのあたりの話も少ししました。

また詳細はお知らせします。

タグ:

 
0

「変化・変身。。。新しい世界」

Posted by yishikura on 2014/12/11 14:46 in 学ぶ

最近、人がどう変化・変身していくか、を見る、感じる機会がありました。For English=> 最近またここ数か月一緒に活動していた人たちが「変わっていく」ことを目の当たりに見たように感じたのです。

ひとつは、日曜日12月7日に最終セッションを終えたグローバル・アジェンダ・セミナー(GAS)2014の参加者からのアンケート結果をいただいたことです。それを読むと、参加者が6か月の間に自分が変わった、世界が広くなったということを「実感している」様子が目に見えるようで、とても感動してしまいました。

先週三田キャンパスでやった福澤諭吉記念文明塾のコメントも何人かの方からいただいたのですが、そこでも(数時間のセミナーでしたから、6か月のGASとは違うのですが)、私の話に少しはインパクトを感じていただいたようなコメントがあって、こちらもとてもうれしい気持ちになりました。

そこで、人が変わっていくのを見るだけでなく、自分はどうだろう?と自分の身を振り返ってみました。自分のことを考えてみると、この数か月、数年で、接触する人、興味を感じる課題、仲間に入りたいなあと思うコミュニティなどがかなり変わってきていることに気が付きました。新しい所にいくと、あれ?ということも多いのですが、同時に、リフレッシュされ、とてもエキサイティングなことで、常に今までと違う、新しいもの・人に触れる機会があるのは、とても幸運だと感じました。
特に、以前は一緒に活動をしていたけれど、最近はあまりコンタクトがなかった人たちに会うと、自分の変化・変身?を強く感じます。

同じ世界、同じような人と相変わらず活動をしている人もかなりいるみたいだ、ということに気が付いたのです。そう考えると、私がいろいろ新しい人、テーマ、コミュニティに触れる機会をよく与えられているのはすごい!ことだと思うのです。
もちろん新しい世界にいったり、新しい人と活動したりすると、どうなっているのかわからない、何をしたらよいかわからないので、大変なことも多いのですが、自分が変わっていくというのはそれよりもっとエキサイティングなことだ、と思います。

FullSizeRender (33) 良くセミナーなどでいいますが、It is NOT about being better than someone else. It is about being better than you were yesterday. このサインはジムでみたので、betterとなっていますし、変化は必ずしもbetterではないかもしれませんが、それでも同じ所にとどまっているよりはずっとすばらしいと思います。

タグ:

Copyright © 2014 Yoko Ishikura's Blog All rights reserved. Theme by Laptop Geek.