記事の詳細

この所、男女共同参画や多様性に関する話が毎日のように出ています。For English=> 先日大連で開かれたサマーダボスでも、リーダーシップに関連してこのテーマが出てきているように、これは日本だけではなく、世界でも共通しているようです。近いうちに関連したテーマでセミナーやフォーラムが開かれますが、そのうち今週金曜日にオランダ大使館の主催で開かれるセミナーをご案内します。(私は例によって?パネルのモデレーターをします)。

このセミナーは「公職に。。。」という点が他とは少し違ってユニークです。今週金曜日と日が迫っていますが、詳細は以下です。

公職に就く女性たち優れたワークライフ・バランスへの道筋を示しているか?

男女共同参画促進をテーマとしたセミナー

日時:    2013年9月27日(金)14時30分‐18時

場所:    機械振興会館、 〒105-0011 東京都港区芝公園3丁目5番8号(セミナー)

プログラム

14.30 – 14.40:       イントロダクション

14.40 – 15.40:       基調講演者によるプレゼンテーション

15.40 – 16.10:       パネリストによるコメント

16.10 – 17.00:       質疑応答

基調講演者

アネマリー・ヨリッツマ
オランダ アルメーア市長(2003年より)、オランダ市町村協会会長、元副首相兼経済大臣(1998-2002)、運輸・公共事業・水利大臣(1994-1998)

小池百合子
衆議院議員(自由民主党)、元環境大臣(2003-2005)、元内閣総理大臣補佐官(国家安全保障問題担当)(2006)、元防衛大臣(2007)

奥山恵美子氏

仙台市長(2009年より、2013年8月再選)、元仙台市副市長(2007-2009)、元仙台市教育委員会教育長(2005-2007)

パネリスト

佐々木かをり
株式会社イー・ウーマン 創業者および代表取締役社長

マイェット・アンドリーセ

株式会社ランドスタッド 代表取締役・副社長

モデレーター

石倉洋子
慶應義塾大学大学院 メディアデザイン研究科 教授

日本は、経済協力開発機構加盟国の中で男女共同参画に関するほぼ全てのカテゴリーにおいて、最低の地位にいます。安倍政権は日本経済の立て直しのために女性による労働の潜在力を活用し継続維持していくことの必要性を認識しています。どのように変えていくのか?どこから手を付ければいいのか?女性の社会的地位の向上を図るのか、それとも男女、夫婦、父母の伝統的役割にまで触れるのか。現在公職にある女性はこの議論を進めるために何をするのか?

このセミナーは日本での男女同権についての進んだ議論と具体的な提案を目指しています。基調講演では、各々の国において高い公職に就いている著名な方々に、働く女性としての経験や男女共同参画推進についての考えを、そしてパネリストの方々からは様々なコメントを期待しています。

ご関心のある方はこちらに tok-pa@minbuza.nl メールで登録してください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る