記事の詳細

先日お知らせしましたが、日本オラクルの遠藤隆雄会長との対談東洋経済オンライン「ビジネスを変えるIT」の対談後編「今トップがすべきこと」が公開されています。世界が刻々と変化する中で、数年前の強みはもはや強みではないこと、また以前は弱みと考えられていたことを強みに転換するチャンスとなることもあることなどをお話しています。(最近の世界の動きには、私自身、圧倒されるほどです)

世界の状況を自ら知って、自社の強みをどんどん進化させていくことが大切なこと、日本企業の中でも「こうありたい」という強烈なビジョンを持って、世界に飛躍している企業があること、トップが自ら変わる世界の体感を持ち、「こうしたい」という意志をはっきりさせれば、ITの可能性は膨大であることなどをお話しています。

この対談は、私にとって、IT企業のトップである遠藤さんと直接お話できたため新しいことを学び、また日頃感じていることを専門家にうかがって、チェックすることができるという素晴らしい機会でした。常に新しい視点に触れて、自分自身の考えを進化させていく、という点でも貴重でしたし、いつまでもお話ししていたいなあと思いました!記事はこちらからどうぞご覧ください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る