記事の詳細

IMG_55245月11日と12日の2日間にわたってバリ島で開かれていた「高スキル人材のモビリティ」に関する専門家会合は、私にとって、とても学ぶ点の多いものでした。For English=>

IMG_5506数週間前にご招待をいただいた時は、なぜ私が?と思ったのですが、世界経済フォーラムのGACで何度かご一緒したことのある方がよんでくださったらしいということと、数週間前にジャカルタの東アジア会議に来たばかりで、ASEAN特にAECと人材に関心を持っていた所だったので、予定を変え、ニューヨークを予定よりはやく出て、バリ島にやってきたのです。
私の役割は1日目のトークショー・スタイルのランチのインタビュアーとセッションのコメント、2日目のセッションのCo-chairでした。ADBとMPIの方々とともに、ASEANの学者、研究者、政府関係者。JICAの方などが出席していたことと、ラウンドテーブル・スタイルだったので、いろいろな話をすることができて、有意義でした。
2015年末には発足するAECの成長を左右するスキルの高い人材のモビリティについて、いろいろな側面から議論しました。以前やっていた人材のモビリティGACで知っていたケベックとフランスの事例につぃて、背景や最近の進展を聞くことができたこともとても参考になりました。
今回2週間半の海外出張は、これまでと違うテーマや新しいグループを知りたいという目的で来たものですが、ニューヨークのWCDGlobal Institute,バリ島のRoundtableいずれも、とても学ぶ点の多いものでした。 今Guanzhou空港ラウンジ(Denpasarから着いた所)にいて、これから成田に帰ります。(Guanzhouからはポストできなかったので、東京に帰ってからやっとポストしています。-東京に帰ってきたら目が回りそうに忙しいです。。)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る