記事の詳細

金曜日12日は、偶然の出会いが続きました。For English=>  講演の合間に打ち合わせをしたのですが、友人と待ち合わせをしていたスターバックスで、数年前にやった講演であったという若者に声をかけられました。数年前(たぶん高校生だった頃?)やった講演のことを覚えていて、その後留学し、大学院にいるという若者だったのです。本をプレゼントしたことを覚えていてくれました。
その後別の会合のためにいったオフィスのエレベーターで、青山学院時代の学生に声をかけられました。最初は誰かわからなかったのですが、xxのクラスをとったという話を聞き、後でfacebookにメッセージをいただいたので、わかったのです。
2人とも私の本を読んだり、クラスに出たりしていたことが、少し?は影響して、留学したとか、今の仕事をしていると、聞いたのはとてもうれしいことでした。(広い東京でもこんなことが起こるという意味でアイキャッチ画像を変えました!)
私は多くの人に知られるとか、制度を変えることよりも、私と会ったことや話したことが、誰かのキャリアや人生に少しでもインパクトがあった、という活動をしたいと思っているので、この2つの出来事には、とても感動しました。たまたま同じ日に起こったので、さらに印象が強かったのだと思います。(左の写真はあまり関係ないのですが、東京を離れて旅に出る、新しい所にいくと新しい世界が開かれる、ということでいれました!ーかなりのこじつけです!)IMG_5696

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る