記事の詳細

dow logo昨日6月 13日、天王洲アイルにあるダウ・ケミカルでセミナーをしました。For English=> 昨年秋に日本で初めて開かれたDow Innovation Dayのパネルでモデレーターをしたのですが、その後、女性活用などに関して社員に簡単なセミナーをというご依頼をいただき、やっと実現したものです。(日程を決めるのにしばし時間がかかってしまいました。)ダウ・ケミカルにあるWINという社員のネットワークのひとつの主催?イベントということで、短いトーク(全体で50分だったので)を準備して、雨の中!たどり着きました。(日本語、英語どちらでするか?などメールが飛び交いましたが、結局は多数の方がわかりやすい日本語ですることに)

IMGP0589ざっくばらんに私が今やっていること(フリーター、自遊人?)から始めて、今の世界、日本、人財が鍵、個人は明日から何をしたらよいか、などに分けてお話ししました。いつものように写真がほとんどのスライドを見せながら、またフロリダの事件や、ビル・クリントンの言葉などにも触れながら(私の話は主なストーリーはだいたい決まっているのですが、直前に起こったこと、感じたことなどを必ず付け加えます)お話ししました。その後、質問をいくつか受け、Peter Jennings社長の質問(今読んでいる本は、影響を与えた人は、obituaryに何を書いてほしいか)などにお答えして、セッションは終わりました。(もちろん私が企画しているグローバル・ゼミや「ダボスの経験を東京で」シリーズなどもご案内しました!)その後、10人強の方々とランチに行き、さらにお話ししましたが、とても楽しいひと時で外の土砂降りを忘れるほとでした。(アイキャッチ画像はランチの時のもの。セミナーの写真も手に入ったらポストします)

IMGP0673こうしたイベントでは、皆さんから大きなエネルギーをいただくことが多いです。質問からも考えさせられることが多く、なるほど、こういう疑問をもっているのか、など頭も体もstimulateされて元気になる!という感じです。よくPerforming Artsなどのアーティストや数多くスピーチをする人もいっていますが、観客、聴衆、参加者からのエネルギーで活動を続けられる、というのは本当だと思います。スピーカーと聞いている人のエネルギーがinteractして、さらに大きくなっていくのを目の前で見るような感じ。。。こうした機会を与えていただき、感謝しています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る