記事の詳細

debate1投票1週間近く前になって、FBIがクリントン候補のメール問題について新たなメールが見つかったと発表したことで、米国大統領選はさらに混乱しているようです。For English=>  どんなメールなのか、どこまで関連があるのか、が投票前には発表されない可能性がある中、疑心暗鬼がどんどん広がって、一時は差をつけていて当選か、といわれていたクリントン候補への支持がかなり危うい状況になっているようです。(左の写真の時とは様変わり)
特にSwing stateといわれているフロリダ、オハイオなどがトランプ支持になってきているという報道もあり、これまでにないほど不確定要素が高い選挙になりそうです。
また実際8日に投票が行われて結果が出たとしてもその結果を巡って法律上?の争いになる可能性もあるようです。

そうした中で、これまでもご案内しているように、11月10日の夜グローバル・ゼミ特別セミナー第5回が予定されているので、一体どうなるのか、と私自身もかなり気を揉んでいます。トランプ大統領が実現したら、保護主義、米国を守るという姿勢がとても強い米国政府の政策が世界へ及ぼす影響は大きいですし、日本への影響は想像できない位です。そのあたり考えるためにも、セミナーに是非どうぞ!こちらから。 今の所、日本では韓国の問題の方がずっと大きなニュースとして報道されていますが。。。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る