記事の詳細

14940002_1118203571548644_5802835974622675657_o一昨日(文化の日で休日です!)、テクノロジーの分野で今とても関心を集めている人工知能(Artificial Intelligence)について、「ダボス。。。」シリーズで取り上げてみました。For English=>  AIが普及すると仕事がなくなる、AIが自ら学べると、勝手に暴走するのではないか、など、どちらかというとネガティブな話がたくさん出ている中、全脳アーキテクチャーイニシアチブの山川代表に、汎用AIのお話を伺いました。将棋に強い、チェスに強い、掃除ができるなど専門化した仕事ができるロボットではなく、どんどん学んでいって何でもできる汎用AIということだったので、お話を伺い、質疑応答をした後、3つのテーマで小グループの議論をしました。
14361467_1106078742812879_5507415980139909845_o3つのテーマは、「どうやって汎用 AIをコントロールするか・できるか」「ビジネスへの応用」「創造的な作品をAIが作ったら、その価値は誰に属するのか、それを評価する市場はできるか』などでした。
45分ほどのディスカッションの後、いくつかのグループにレポートしていただき、最後に山川さんとサポートしていただいた上野さんにコメントをいただいてセッションは終わりました。
複雑なテーマですし、哲学的倫理的な課題も考える必要があるので、簡単ではないのですが、こうした機会が、ネガティブな面だけでなく、AIが得意な作業はAIにやってもらって人間と共存するアプローチを考えるきっかけになったら良いと思います。今後もいろいろな側面をとりあげつつ、また議論を続けたいと思います。(実際米国大統領選の予想もAIがしているようですから。。)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る