記事の詳細

wall今日は、いろいろな意味で学ぶことの多い一日でした。この所、一人で思い悩んでいた一件について、この数日、周囲の方々の助けを借りようと、忙しい方々にミーティングをお願いし、困っていることを相談したのです。一時は、大きなハードルばかりで光が見えず、どうしようか、と思い詰めた時もあったのですが、一人で考えていても解決の糸口が見つからないので、困っている状況を関係者に話そうと思いました。今週何度かそのミーティングをした結果、まだ最終的な結果には結びついていないのですが、いろいろな方が助け舟を出してくださって、一歩が踏み出せそうです。
最近は、自分が中心になって物事を進めなくてはならない場合が多かったため、シニアな方々(地位、年齢?)に助けを求めることを考えていなかったのですが、以前は自分の手に負えないことは、シニアな方にお願いして対応していただいたことがよくあったのです。年齢が高くなったから、自分が一応リーダーの立場にいるからとすべて一人で抱え込まずに、周囲の力を借りることで、真の「協働」ができることを学びました。その点では今ITを駆使した効率的な仕事の仕方というトレーニングもずっと若い方に教えていただいています。(他の若い人と一緒にやっていますが、私がわからない部分が他の人の3倍くらいありそうなので、昨年のヨットのようにプライベート・レッスンが必要なようです。)
learning今日のもうひとつの教訓は、大学生を対象にしたセミナーです。ほとんど反応がなく、正直な所、壁に向かって話しているようで、かなり疲れてしまったのですが、こちらももっとやり方を工夫すればよかったと思いました。最近はどんどん自分の意見をいう人たちばかりと活動することが多いので、聞いている人たちが、いかにもつまらなそうで、反応がない時にどうすべきか、途方にくれてしまったのです。対象は違いますが、来週もセミナーがあるので、今度は反応がない場面も想定して、少し工夫しようと思っています。

ちょっと疲れましたが、教訓の多い一日でした。。。(でも学んでいるということだから、時代にはあっているかも。。。)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る