記事の詳細

img_1718 先日、英語のブログには少し書いたのですが、今年出版された中で良いと思う本というタイトルで、Financial Timesに電話でインタビューされたコメントが出ています。For English=> 12月初め頃、メールが来て、それから電話で話したのですが、その後連絡がなく、あれはどうしたのかな?と思っていたら、Andrew ScottのTweetに私の名前が出てきたので、FTのサイトから探して見ました。かなりカジュアルに話をしたのがそのまま出ていて(これだけ見ると、個人的な話が多いです!)もう少し高齢化の時代へのメッセージというような広い話になっていなかった(そのあたり編集するのかなあ、と期待?していたのですが、ちょっと変な英語がそのままになっています!)のがちょっと残念ですが、いったことだし、一部カットされるのは仕方がないなあ、と。

私自身が団塊の世代であり、いろいろ自分の生活で感じることがあるからか、最近トニーベネットの盛大な90歳の誕生日イベントをみたせいか、私の父が95歳の誕生日を迎えたせいか、長寿化がもたらす機会と課題がとても身近に感じられます。パッションを感じられるものをいくつか持っていること、その基礎になる資産があることがとても大事だと実感しています。いろいろなことがあった2016年ですが、私自身にもそして高齢化が進む日本にとってもとても意味のある本だと思います。こちらからどうぞ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る