記事の詳細

 昨日2月2日、「日本の人事部」が主催している「日本の人事リーダー会」でワークショップをしました。For English=> 30人程度の人事トップの方々が集まる会合で今回は第10回。これまでも同社が主催しているカンファレンスなどには参加したこともあり、ご依頼いただいたものです。
初めてのフォーマットだったのですが、30人程度、最初の問題提起の後はディスカッションを、ということだったので、私がメンバーのGlobal Future Councilのレポートなどもご紹介しながら、進めました。(世界情勢が大きく変わっていますし、日本も働き方改革がホットなので、そのあたりにも少し触れました)
ディスカッションは、特にテクノロジーなども考えて、5年後、あなたの会社の何%くらいがロボットなどに代替されていますか?5−10年後の人事に必要なスキルとは?などから始まって、人事という仕事は10年後もまだありますか?というテーマで肯定・否定に分かれて(勝手に私がチームをアサインしてしまいました!)グループでデイスカッションした後、両グループのデイベートをしました。 なかなか興味深いアイデアがいろいろ出てきて、私にもとても参考になりましたし、人事の転職(会社を代わる)、多様な職務の経験など、新しい発見もありました
その後、もうひとつの若い世代のグループと合同の懇親会があり、多くの方と名刺交換をしました。いつものように?短いビデオクリップをつくってみました(ボイスオーバーが英語ですし、まだ課題は多いですが。。)こちらです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る