記事の詳細

3連休の後の今週は短かったのですが、イベントなどが盛り沢山でした。For English=> 今日土曜日も横浜KAATで初めての劇団四季「オペラ座の怪人」の初日にお招きいただきました。このミュージカルは東京でもブロードウェイでも何度か見ているのですが、音楽と歌がすばらしいというのが印象でした。生オーケストラなので、音楽のすばらしさは相変わらずでしたが、ストーリーと展開のすばらしさ、意外さ、深さがとても今日は印象に残りました。Andrew Lloyd Weberはすごい才能の人だなあと思いますし、このミュージカルはやはり名作だと感じました。
ストーリーがとてもスリリングなので(あまり記憶になかったのですが)、終わった後すぐは茫然(この字で良いのか、疑問?)としてしまい、拍手をするのを忘れてしまうくらいでした。周囲もそうだった?らしく、しばらくカーテンコールが続いた後で、劇場全体のStanding Ovationになりました。

今週は前半に演劇、音楽などを通じて知り合った友人と久しぶりに食事をしていろいろ話したので、週の最初と最後がアート関連で繋がっています。
週の途中は、情報がらみの記事(Japan Times 120周年のコラム)、そして日経電子版プロの講演「情報をどう活用するかが競争力を決める」があり、情報(今一番ホットともいえますが)関連の仕事が続きました。
また明日にでも書きますが、その間はずっとやっているグローバルゼミ2017年版の企画と「ダボスの経験を東京で」が入ったという感じです。こちらは自分でやっているセミナーという共通項がありました。

その間にめまいがして、合気道の受け身の練習で頭を打ったせいか、というヒヤリとする出来事もあり、夜遅く近くの大病院の救急に行くという事件?もありましたが、CTの結果は無事、めまいもなくなって今朝は合気道のクラス(写真の左が私の先生!)にいくことができました。病院ではいろいろ考えたこともあるので、また書きます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る