記事の詳細

 「グローバル・ゼミ」「ダボスの経験を東京で」などにも何度か登場していただいていて私の親しい友人でもある作曲家の藤倉大さんがヴネツィア・ヴィエンナーレ音楽部門で、銀獅子賞を受賞されました。ロンドンをベースに活動をしている藤倉さん、特に世界あちこちでの最近の活動にはめざましいものがあると思うのですが、30代での受賞は珍しいとのことです。
藤倉さんとは数年前にグローバル・ゼミの講師としてお越しいただいてから、いろいろな場面でコンタクトがあり、昨年夏は2曲ICEが演奏するというのでニューヨークにも行きましたし、年末には相馬の作曲ワークショップ(左の写真)などにも参加して、コンタクトが続いています。
世界を舞台に才能がある人は、こうしてどんどん積極的に活動をしていき、世界で知られるようになるのだなあ、ということがよくわかる若い友人の一人です。
その藤倉大さんがアーティスティック・ディレクターをする世界中の「新しい音」が聞ける1dayフェスティバル、「ボンクリ・フェス2017」Born Creative Festival 2017が、5月4日に東京芸術劇場で開かれます。1日いろいろなイベントがあるので、ぜひお越しください。詳細はこちらからどうぞ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る