記事の詳細

6月から始めるグローバルゼミ2017年度の募集真っ最中ですが、それとは別に、単発のセミナーを今年も数回開く予定です。その第1回は、サムライ・インキュベートという会社を起業され、イスラエルで活動をしておられる榊原健太郎さんをお招きします。
日本経済の活性化のために、起業家を増やそう、若い人には起業家精神をもってもらおうとか、そのためにどうするか、など、起業についてはいろいろな政策やプログラムが行われています。起業したいと考えている人たちの行き先は、シリコンバレー(そしてアジア)が多いようですが、榊原さんはイスラエルに行って、そこで起業家支援などをされています。
イスラエルがテクノロジーに強い、イスラエル出身の起業家が多いことは世界ではよく知られていますが、日本ではまだ「遠い国」という感じではないでしょうか。
自ら、あまり様子がわからない国に行って、オフィスを作り、その地域の起業家を支援するというアクションは、自分でやろうと考えるとかなりハードルが高いように思います。そのあたり、実際に行動しておられる榊原さんに伺います。
6月13日はさらに、榊原さんご自身の事業の今後の展開、また日本の企業につとめていながら、起業家マインドを鍛えるためには何をしたらよいか、などについても伺おうと思っています。
今回のセッションはすべて日本語ですので、グローバルゼミは英語だから、行く気にならない、といっておられる方もぜひご参加ください。榊原さんも英語が得意というわけではないようなので、イスラエルで実際どうしているのか、も伺ってみようと思っています。詳細、お申し込みはこちらからどうぞ。多くのみなさんのご参加をお待ちしています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る