記事の詳細

世界がどんどん変わっていく中、価値があると考えられてきたMBA。For English=> 最近でも若い人と話すとMBAプログラムをめざしているという人に会うことがあります。また私の若い!友人の中にもMBAを持っている人がかなりいます。(たとえば火曜日にあったBCGのパートナーカンファレンスで一緒にパネルをした方々などーこのパネルについてはまた書きますが)
最近はビジネススクールについても批判的な記事がでたり、どのビジネススクールの卒業生が「稼ぐ力」に勝っているか?、HBSかStanfordかなどいろいろな記事がTweetなどには出ています。こうした中で、どうしようかなあと考えておられる方々、まずどんな人たちがいるのか、実際どうなのか、をご自分の目でみてみてはいかがでしょう。
特に日本からの女性のアブリケーションを増やそうというイベントが昨年?に続き、6月 16日夜六本木ヒルズのGoogleで開かれます。女性のMBA卒業生、HBSのAdmission Director, 今行こうかなあと考えている方々などと直接話ができる良い機会だと思います。(またGoogleは一度は行きたいところですね!)
詳細、チケットの申し込みはこちらからどうぞ。(PWは今年-4桁数字) 私はMBAは持っていますが、HBSではない(DBAです)のでこの種のイベントはできるだけ出席しようと思っていますが、その夜から会議のため、オーストラリアにいく予定なので、参加できないかもしれません。でも、友人が数多く参加しますので、ぜひどうぞ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る