記事の詳細

CALF201は今朝7時半から会合があり、そのあと全体会議や分科会、ランチのあと、私がパネリストの一人である分科会がありました。For English=>

「仕事の将来」というテーマだったのですが、オーストラリアでの状況にかなり話が集中したため、私自身、あまり貢献できなかった、というのが正直な所です。
7時半からの会合はIntelligenceの話だったので、オバマ大統領からトランプ大統領に変わってどうなのか、という話がとても興味深いものでした。 ビデオは下です。
ランチのAIの話も興味深かったのですが、全体に、オーストラリアに関すること、そして、政策をどうするか、が中心だったので、初めての経験として、こういう会合なのか、という感じでした。
昨日のGala Dinnerでは同じテーブルのいろいろな人と話ができましたし、今日のランチも両隣の人と話ができて、国際会議はこうだったなあ、と思い出しました。最近はよく知っている人たちとの会合の方が多かったので、初めての場所、初めてのグループという経験は、新鮮だったと同時に、タイトなスケジュールだったのでちょっと疲れたという感じです。
パネルが終わってすぐ空港へ向かったため、はやいフライトに乗れたので、シドニーで慌ただしい思いをしなかったのは正解でした。(予定通りだったら、ターミナルも離れていたので、かなり厳しかったと思います)これで予定通りに羽田につくことを期待して。。。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る