記事の詳細

 5月にインタビューされた記事が、ひとつ前の7月8日号、AIを特集した週刊東洋経済の紙面に出たのですが、オンラインでも見られるようになりました。私の記事自体は、AIとはあまり関係なく(働き方という点では、関係があるのですが)今はやりの働き改革、ワークスタイル変革についての記事なのですが、なぜ働き方が注目されてきたのか、また経営者の役割について、すこし違った?視点から書いています。個人の選択についても触れています。
最近は単なる残業時間の削減などでなく、すこしずつ違った雇用・仕事の仕方などが話題になりつつあるようですが、この記事でも採用・育成などについても一部話しています。(私自身は、新しい働き方を実践という意味で、フリーランスとして仕事をしていますが、実際やってみるといろいろなことがわかる、というのが実感です。)
会議や働き方に幾分関係あるテーマとして、先日、打ち合わせは顔を合わせることにこだわらず、オンラインでやれば良いのでは、というようなコメントがTweetされていましたが、本来この会議で何をしようとしているのか、をもう一度見直し、テクノロジーその他で今できるようになったことを活用して、どのようにするか、How toを考えたら良いと思います。あまりにこれまでのHow Toにこだわりすぎている傾向があるように、私には見えるので。記事はこちらからら見ることができます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る