記事の詳細

 昨晩7月28日、資生堂花椿ホールで「ダボスの経験を東京で」の第50回が開かれました。50回とは!と私たちのびっくりしているくらいなのですが、昨年6月に続き、資生堂で新しいビジネスについてアイデアを考えました。For English=> 
2年間の契約で、資生堂の資産(どのようにとらえても良い)を活用して、利益があがるような新しいビジネスを考える、という想定で50人以上が参加していただきました。
まず最初に私が参加者に資生堂のイメージを聞いたのですが、いつもになくあまり手が上がりませんでした。(花椿ホールで聞いたので、自由に印象が語れなかったのかもしれないなあ、と後で気がつきました。)
その後、宣伝・デザイン部長の山本さんにプレゼンテーションをしていただき、資生堂がどんなコンセプトで、これまで時代に合わせてイノベーションを続けてきたか、を垣間見ることができました。
最初の部分の短いビデオを作ってみましたので、ご覧ください。(サウンドは英語です。)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る