記事の詳細

 昨日4月30日は、将棋のリコー杯女流王座戦の東日本アマチュア決勝トーナメントが行われました。リコーがスポンサーになって今年から始まったこのタイトル戦は、賞金も大きいですが、それにもましてアマチュアでも予選から出場できるオープンエントリー制、外国人にも開放するグローバル化という2つの点で画期的です。アマチュア決勝トーナメントの2局がウェブでも携帯でも棋譜がライブで見られることも最近ではだんだん当たり前になってきているとはいえ、一般の人に将棋を身近なものにするでしょう。

 将棋の世界がこうしてどんどん一般の人にも知られるようになり、オープン化されていくことはすばらしいと思います。私も昼食やおやつ、写真を追っているだけでなく、将棋を習わねば。。。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る