2011年 1月

  • ダボス会議4日目

     ダボス会議4日目(1月29日)は、私にとっては責任の最も大きな日でした。For English=> 9時からKey to Competitiveness- Lessons from the NordicsというワークショップのFacilitatorだったからです。3日目の…

  • ダボス会議3日目

     1月28日(3日目)は7時半からのCommunity Japan Breakfastから始まりました。20人弱が集まって、日本の位置付けに関する実際とイメージのギャップ、企業のグローバル戦略や人材の現状などについて何とか具体的な解決案を考えようとしました。私は司会進行をしたので…

  • ダボス会議2日目

     ダボス会議2日目(1月27日)の午後は、デンマークの建築家のセッションに行きました。For English=>  画期的なデザインが多く、目をみはるようなものが次々に出てきました。Hedonistic Sustainabilityというタイトルも(hedonisticの意…

  • ダボス会議1日目夜と2日目

     ダボス会議は26日夕方正式なオープニングがあり、Executive Chairman  Klaus Schwab教授が今年のテーマShared Norms for the New Realityを紹介し、一日目の様子を見ていると、Micro  Optimism and Macr…

  • ダボス会議第一日目続き

     第1日目の午前中に、ideaslabのDesign for the New Realityというセッションに行きました。For English=> これは以前紹介しましたが、自由にブレーンストーミングをするセッションなので、参加者はただ聞いているだけでなく、一緒に議論をす…

  • ダボス会議第一日目

     昨日1月25日からスイスのダボスに来ています。午後6時過ぎにダボスにつき、登録(これでName Tagをもらわないとどこにも入れない!ので)して、ホテルでチェックイン、さっと着替えて、Welcome Receptionとインド(今年はインドが主役の一つです)のHCLのレセプショ…

  • 2カ月ぶりの合気道

     日曜日1月23日は2カ月ぶりに合気道のクラスに行きました。クラスがある場所が改装を終え、新しい所でやったのですが、いろいろ勝手がわからず、迷ってしまいました。「少し早く来るように、広い場所だから」というメールをインストラクターからいただいていたので、準備をしていきました。(それ…

    • 2011.01.25
    • 2カ月ぶりの合気道 はコメントを受け付けていません。
  • バベル・カンファレンス-後日談

     昨日1月23日に政策研究大学院(GRIPS)で開かれたバベル・カンファレンスに参加しました。For English=> このカンファレンスは3つの”less"-テーマ、時間、場所がない(というか超えてという意味のように思われました)ーを中心コンセプトとしたもので、Haeg…

  • はやいレスポンス。。

     やっと原稿が完成に近づきつつある若い世代向けのキャリアの本(まだタイトルが決まっていません!)には、私の知っている若い世代に人が何人か登場します。対象読者の年代に近い人の経験が身近に感じられるのではないか、と思ったことと、具体的な話の方がビビッドで良いと思ったからです。 …

  • クラスの進め方。。。 

     1月初めからICSで担当している「競争力」のコースはほぼ半分にさしかかり、コースの狙いが学生に理解されつつあるか、をチェックするとともに、残りのセッションのためのいろいろなアレンジでとても忙しくなってきています。 昨日1月21日のクラスはCosta Ricaのケースで、国の経済…

アーカイブ

ページ上部へ戻る