2012年 12月

  • 素晴らしい機会ー続き

    最近、世界で活動しようとしている若い世代にとって、すばらしい機会が次々に開かれていると感じますが、そのひとつ-TOMODACHI-UNIQLO Fellowshipをご紹介します。この奨学金はファーストリテイリングと米国大使館が協働して企画しています。 今KMDで担当してい…

  • 中村勘三郎(1955-2012)

    数日前にメールなどを見ていたら、目に入ってきた十八代中村勘三郎の死は一瞬声にならない位のショックでした。個人的に知っているわけではありませんが、何度かお芝居を見たこと、また野田秀樹と一緒の作品にとても興味を持っていること、特に二人はとても仲が良いみたいで、プロの協働の醍醐味を対談…

  • 新しいことを続けるには?

    この間やったセミナーで、「どうして、新しいこと、変化をもたらすようなことーChange Agentといういい方でしたーを続けられるのか」という質問をいただきました。 その時は、変化するとは、何かを失うことだけど、一方では新しいものを得ること、新しい発見なので、そちらを常に見ていれ…

  • KMD学生グループからのお花。。。

    数日前に、KMDの私のプロジェクトの学生グループから、父と(私)あてに、とても素晴らしいお花をいただきました。For English=> (左の写真、母の写真は数十年前のものですが、父がとても気に入っているので、これを飾っています) 母が亡くなったすぐ後、学生グルー…

    • 2012.12.08
    • KMD学生グループからのお花。。。 はコメントを受け付けていません
  • 「手柄は独り占めのリーダー。。。」

    11月から始まった日経BPの「既成概念を打ち破る」コラムの「イノベーションとリーダーシップ」シリーズ、第3回が出ました。今回は、「手柄は独り占め。そんなリーダーの下で、イノベーティブな若者は育つか?」というタイトルです。前回は、多くの方々に読んでいただいたので、今回も読んでいただ…

  • GAS 同窓会 レポート

    11月25日に50人ほど集めて行われたグローバル・アジェンダ・セミナー(GAS)同窓会のレポートがポストされています。 このイベントは、世界の課題を考え、何かアクションを起こす気概にあふれた若い世代のネットワークとしてたちあがりつつあります。2010年から始めた私にとっても…

  • ポーター賞2012

    本日12月5日午後、神保町の一橋講堂で、ポーター賞カンファレンス2012が開かれました。  For English=> 私はその前の会合が予定より長引いたので、少し遅れていったのですが、ポーター教授との対話には間に合いました。 CSVの話がほとんど、そして米国の競争力の話も…

  • 「母を偲ぶ会」。。

    本日12月4日昼に、親戚を30人近く集めて、10月末に亡くなった母を偲ぶ会をしました。母は9人兄弟の6番目なので、兄弟はすでに亡くなっている人がほとんどでしたが、私のいとこやその子供たち(といってももう皆おとな)が集まりました。 母は、父と二人だけで送ったのですが、その時か…

  • 京都へ。。。

    昨日12月2日は、昼から京都にいってきました。For English=> 目的のひとつは、京都大学の飯吉透教授とあって、今私たちがGACのEducation & Skills Councilのために計画中の「日本のケーススタディ」の相談戸、もっと広く、教育全般につい…

  • 興味深い書籍2冊。。。

    最近、おおくりいただいた本2冊を読みましたが、、いずれもとても興味深いものだったので、ご紹介します。一冊は、「世界の経営学者は今何を考えているのか」(入山章栄著)、もう一冊は「採用基準」(伊賀泰代著)です。 「世界の・・・」は、今KMDで教えている「変化の時代の事業戦略」と…

アーカイブ

ページ上部へ戻る