記事の詳細

この所、続けて講演やセミナーをする機会があり、時間に追われてスライドを準備する、ブログに書く程度でざっとレビューする、次から次にくるリクエストに予定を確認しながら何とか答える、という状況が続いてきました。For English=> いくらストレスがよいこともある、とはいえ、体力、気力、実力の限界を超えたような気がしてきて、どうにも私の手には負えないものをお断りしたり(一度はOKしたものもあり、とても心苦しかったのですが、はやい方がよいとおもったので)、時間があれば行きたい、みたいものを一部やめて、戦線を縮小し始めました。(数日前までは、それも考えられないほどだったのです!)

こう考えたきっかけのひとつは、学生とのミーティングをしている中で、活動が進んでいない人たちには、「一人でやっている」「次から次へと目移りしてしまってテーマがどんどん変わる」「いろいろやろうとするあまり、常に達成感がなく、自信が得られない」ことが共通していると思ったからです。そこで、自分を振り返ってみたら、私も同じような道に入りそうだ!と気がつきました。

それがわかってからは、どれだけやりたいと思っていたとしても無理なことは避ける、できないとわかった時点で思い切って撤退する、などのアクションをとることにしました。方向をこう変えると、気分も違いますし、生産性もあがってきたように感じます。

他人の活動を見ると問題だなあと思えることでも、自分のこととなると自覚がない、ことはよくあるようです。 今年の初めに目標とした「シンプル・ライフ」という原点に戻りつつある、という所でしょうか。ちょうど6月も末、1年の半分にさしかかっているので、これもよいタイミングであったと思います。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • M.Ouchi
    • 2013年 6月 19日

    本日のブログを拝見して集中、戦線縮小の大切さと勇気を実感したと同時に、なにか少しほっとしました。ちょうど体力に限界を感じていたので、何よりも体力、気力、実力のバランスが大切なのだと改めて思いました。

    • Yoko Ishikura
    • 2013年 6月 19日

    Ouchi さん、石倉です。コメントありがとうございます。何となく?という時ありますよね。そういう時ははやく手を打つ方が良いと思います。バランスがくずれるとなかなか大変ですから。。

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る