記事の詳細

昨日7月29日、 180名の高校生と一緒に「キャリア」のワークショップをしました。For English=> これは次世代リーダー塾という10年間続いているプログラムの一環です。リーダー塾は今年10年目、そして私は今回4回目でした。

th_685A3415大体ここ数年は、「キャリアについて」というテーマで話すことが多いのですが、今年は、やり方を少し変えてみました。私がプレゼンテーションをするのではなく、高校生中心に議論してもらおうと思ったのです。

そこで、まず「仕事・キャリアは誰にでも必要か」と質問をして、YESとNoに分かれてもらいました。この質問に対する理由をそれぞれのグループから聞いた所、いろいろなアイディアが出ましたが、中でも定義についてのものがいくつかありました。(この点を議論してほしかったので、わざと定義しなかったのです) 高校生によって、キャリアや仕事の定義やイメージがかなり違うことがわかりました。

th_685A3503次は、「なぜ仕事をするのか」という質問です。どんな仕事、どうやってその仕事を得るか、という課題よりも、「なぜ」という基本的な問題を考えてほしかったからです。こちらでもいろいろな意見が出て、高校生の間で議論が進みました。

最後は、やりたい、希望する仕事につくために(これは高校生にとってはかなり将来の話なので)今何をするか、という質問でした。将来の漠然とした課題として議論するだけではなく、そこから今日すること、明日することに結び付けてほしいと思ったからです。

leader (1)今回は3つの質問をしたため、結局高校生からの質問は2問しか受けられませんでしたが、多くの人が発言し、とても活気のあるセッションになりました。左は、全員でとった写真です。

もちろん私自身も学ぶ点がたくさんありましたし、それにもまして、元気なエネルギーをたくさんもらったような気がします。(リーダー塾が始まってまだ4日目ですし、今年は比較的涼しいので、みなとても元気でした!) 一日がかりで福岡まで行きましたが、とても楽しい、有意義な一日でした。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る