記事の詳細

1週間強、日本にいた後、またカナダに帰ってきました。For English=> 日本での1週間についてはまた書きますが、帰ってきてからの自分の行動を見て、場所を変えるのは、行動を変えるのに有効だと思いました。

berriesr (2)ごく身近なことなのですが、どんな料理をするか、も場所によってかなり変わります。私はおいしいものが食べたい!のと、自分でつくるのも好きなので、いろいろ試しますが、大体はその地域のローカルなものを使うことを考えます。 日本には何でもあるので選択肢が多いのですが、カナダですと、おいしくて安いものは、サーモン、野菜、果物いろいろみたいです。写真はイチゴ、ブルーベリー、チェリーです。ペンと比べると大きさがわかると思いますが、イチゴはこれで400円くらい!(Starbuckも為替レートで計算すると、かない安いです)

しばらくぶりに、日本に帰ると、いまの季節であれば、そうめん、うなぎなど。それに和朝食という意味で卵焼き、しゃけ、海苔、納豆などとご飯、うどんなどを食べることが多いです。(それ以外に私が日本に帰って食べたいなあと思うのはカレーです!)

今回カナダにまた帰って来てみるとやはりここで一番おいしく、豊富、安いものに目が行きます。バンクーバー空港からウィスラーにドライブしてくるのですが、私が大好きなWhole Foodsには必ずよって、いろいろ買います。

今回は、サーモン(先ほどテラスにあるグリルでBBQしました)、小さなほうれん草(baby spinachといわれています)やarugulaなど、それから果物のberriesを大量に買いました。今回はそれにホワイトアスパラガスを見つけたので、早速買って、いま食べました。

日本にいたらやらないだろうなあ、ということを自然にするのが不思議です。今晩のディナーは、小さなほうれん草に半熟玉子、オリーブオイルでいためた?ガーリックをかけたサラダ、ジャガイモをうすく切ってオリーブオイル、塩コショーをしてグリルで焼いたもの、サーモン(味付けは塩とコショー、それにレモン程度)でした。冷たいビールに始まり、白ワインも飲んだので、とてもおいしく、カナダにいる!という気になります。

行動を変えようと苦労している人でも、場所を変えると自然に行動が変わるのでは?と思って身近な料理でご紹介しました。行動を変えようと思っておられる方は試してみてはいかがでしょうか。(もちろん海外である必要はなく、毎日の通学・通勤ルートを変えるというのでも景色が変わります。)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る