記事の詳細

昨日は、J-Winのあるグループ?対象とした会合、そして来週は、以前からご案内しているWif2013、そして、オランダ大使館でWomen in Public Officeというセミナーがあります。

昨日は、それ以外に、ある企業でのダイバーシティ・セミナーのうちあわせもしていて、同じようなタイトルで、これだけイベントがあるのはすごい!と感じています。

今苦戦している原稿も一部このテーマに関連があるので、夢にまで見そうですが、哲学的?というか、抽象的、一般的なことを考えたり、議論するより、ふたつの全く違う観点から考えるのが良いのでは、と感じています。

それは、あまりがんじがらめに、女性活用!とか、目標を!とかでなく、少しリラックス?して、広い観点から見直すーそもそも何でこんなことをいっているのか。これ本当?と問いなおしてみるーことや、また自分はこの件について、どんな行動をするか-明日から何か新しいことをしよう!、3連休の間に何か始めよう!などを考えることなどが良いのかな、と感じています。

関連記事

    • M.Ouchi
    • 2013年 9月 20日

    会社からの指示で昨日、一昨日と障害者の雇用促進についての研修を受講してきました。今まであまり関心がなかったのですが、企業に対する障害者雇用率達成の行政措置、ハローワークからの雇用助成金・ジョブコーチ等の支援の仕組、企業グループで雇用率を達成するための特例子会社の設置戦略、テレマーケティング会社やアパレル業界での障害者雇用の事例等に触れてきました。企業戦略のテーマからも関心がもてました。私にとってちょうどホットな話題でしたのでReplyしました。

    • yishikura
    • 2013年 9月 20日

    Ouchiさん、石倉です。コメントありがとうございました。そうですね、仕事は誰にとっても大事なことですし、いろいろな人にいろいろな形で貢献してもらえるような形を考えることがとても大事だと思います。新しい価値を創造する、そのためにはいろいろな人のいろいろな力が必要だと思います。
    障害者のことはあまり考えていなかったので、とても参考になりました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る