記事の詳細

gender1lgenderpall9月27日、先日からご案内していた「公職に就く女性たち」というセミナーが、来日中のオランダのアルメーア市ヨリッツマ市長を基調講演にお招きして、オランダ大使館の主催で開かれました。For English=> このセミナーは、最近多数開かれているワーク・ライフ・バランス、ダイバーシティに関するセミナーやフォーラムのひとつでしたが、「公職」という点にユニークさがあり、ヨリッツマ市長とともに、日本側から、小池百合子衆議院議員、奥山恵美子仙台市市長が基調講演をされました。(写真は小池さんがおられた最初の部分と会場)

3人の基調講演の後、イーウーマンの佐々木かをりさん、ランスタッド日本法人のアンドリーセ副社長がパネリストとして、コメントをされ、私は全体のモデレーターという役割でした。会場には、公的セクター、ビジネス界、学界などの方々が出席され、男性が25%位で、基調講演やコメントの後、約1時間、活発な質疑応答がされました。(最近よくあるパターンで日本語と英語です!)

genderp23人の基調講演者のお話もパネリストのコメントもとても興味深いものでしたし、会場とのインターアクションも、タイトルの「公職に就く女性たちー優れたワークライフバランスへの道筋を示しているか?」という課題を超えて、多様な側面からの議論だったことが印象的でした。 (モデレーターとしては、少し私が話し過ぎたと反省!今このテーマでいろいろ調べていますし、制度はもちろんですが、個人の力を開発する機会をつくろうといろいろ試しているため、かなり思い入れ?があるのです!)セミナーでも何度か出ましたが、当事者が意思決定の場に参加して力を持つことが大事なので、「公職」に多様性が増すことはとても大切だと思います。(上の写真は、すばらしいユリの花ー小池「百合子」さんは私のために!といっておられたのですが、途中で退席されたーを前に、大使といただいたすばらしい花トーチ?を持つ私たちです!)

その後、大使館でレセプションがあり、多数の方とお話することができました。この所、数日、私は、同じようなテーマでモデレーターやスピーカーという役割が続いたので、幾分混乱気味でしたが、なるほどと思う点がかなりあり、こうした機会を与えていただき、感謝しています。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

  1. <公職に就く女性たち>セミナーのご成功を心からお慶び申し上げます‥。www.jishinyochi.html

    • yishikura
    • 2013年 10月 01日

    ありがとうございます。

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る