記事の詳細

10月7日午後、都内でIBM Think Forum Japan 2013が開かれました。For English=> 昨年も、企業のトップを集め、IBM CorporationのS. パルミサーノ会長やG. ロメッティ社長が、基調講演をした後、「リーダーの役割」というタイトルでパネルが開かれ、日立の中西社長と東京三菱UFJの平野社長、それにロメッティさんがパネリスト、私はモデレーターでした。

今回は、パネル・ディスカッションが2つ開かれ、最初のパネルは、G.ロメッティさんの基調講演「スマートな時代の競争優位とリーダーシップ」の後、パナソニックの津賀社長、NKSJホールディングスの櫻田社長、それにG.ロメッティさんがパネリスト、モデレーターはハーバードの竹内さんでした。基調講演での「データは今の時代の『天然資源』と考えられるが、他の有限な資源と違ってほぼ無限に広がり、活用できる、だから大きなポテンシャルがある」というロメッティさんのコメントはとても印象に残りました。

その後、IBMのグローバル・テクノロジー・サービスのSVPであるE. クレメンティiさんの基調講演「先進テクノロジーによる新たな価値の創出」が行われ、ビッグデータやアナリティクスを中心とするパネルが続きました。パネリストは、経済産業省大臣官房審議官(IT戦略担当)の山田真貴子さん、本田技術研究所の専務執行役員の新井康久さん、そしてE.  クレメンティさんで、私はモデレーターでした。

私は、最近ビッグデータやアナリティクスに大変興味を持っているので、IBMがどう考えているのか、どんなことをやっているのか、それから日本の企業がデータを活用しているのか、できるのか、また政府の役割などを知りたいと思っていました。

昨年に比べると、先進テクノロジーというテーマ自体の幅が広く、最近はビッグデータという言葉やテクノロジーが独り歩きをしている感じがある中、「新たな価値」といってもデータをどうすれば良いのかなど、パネルで議論を進めるの難しく感じました。

Erichさんは、いろいろなテクノロジーがどんどん進化しつつあり、今転回点にあること、企業はそれを活用するために、今すぐ行動に移す必要があることを強調されました。

私自身、興味深く思ったのは、製造業のエンジニアは仮説検証の考え方でないとなかなか受け入れない、しかし、データがこれだけあっていろいろなことができるようになると、それを脱皮する必要があるのではないか、という新井さんのコメント、山田さんの「共有」に関する世代間の感覚の違い、その前のパネルで出た「勇気」を持つことの重要性などでした。

最後にも言いましたが、日本では、あまり「時は今」といわれると、脅威を感じてしまい、足がすくんでしまうという傾向がみられるのではないか、でも私たちが当たり前と思っているここ数年の変化が思っている以上に大きいのではないか、そして、新しいテクノロジーを駆使してできることのポテンシャルもとても大きいので、一歩踏み出すことが必要なのではないか、と強く感じました。

最後にM. イェッターIBMジャパンの社長がまとめとして、これまでの歴史を振り返り「製品がすべて」「サービスがすべて」の時代を経て、今や「情報がすべて」の時代にさしかかっているとコメントされたのにはとても納得してしまいました。

その後、東儀秀樹さんの雅楽とウクライナのサンド・アーティストのシモノヴさんのァコラボレーションがあって、フォーラムは終わり、レセプションに移りました。

パネルの前には、Watson2.0や京都のスマートシティ拡大版のデモンストレーションも見せていただき、レセプションでは多くの方にもお目にかかって、とても有意義な時間でした。(Forumの記事やビデオなども近いうちに出ると思いますので、またお知らせします)

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る