記事の詳細

Lincolndaylimcolmニューヨークでの最後の一日は、今年半ばまでニューヨークに住んでいたもうひとりのStep sonとガールフレンド(今はCoopers Townに住んでいる)が来たので、grandkids 3人も加え、総勢8人でシーフードのレストランのディナーに行った後、3人でリンカーンセンターのコンサートに行きました。

この二人を誘ってコンサートに行くのは4-5回目位なのですが、これまではカーネギーホールに行くことが多く、リンカーンセンターは2回目です。ニューヨークフィルのコンサートはニューヨークに来ると必ず行くことにしているのですが、今回は、Charles Dutoitの指揮、3人のチェロが加わっていました。1曲目は、ラベルのスパニッシュ・ラプソディ、2局目は、今年80歳を迎えたポーランドのペンデレキーの作曲したConcerto grosso、3曲目は、ムソルグスキーの「展覧会の絵」で、特に私にも聞き覚えのある3曲目は、とても素晴らしいものでした。

束の間のリラックスしたニューヨークの5日間、ミュージカル、コンサート、友人との食事、家族と気楽に遊び、すっかり気分転換になりました。 日曜日夕方出て、東京に帰ります。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る