今日11月2日午後、六本木の国際文化会館で開かれた新渡戸国際塾で、セミナーをする機会をいただきました。For English=> これは今年6期目で、若い世代を対象として、国際的リーダーを育成しようという試みです。 私のタイトルは「あなたのリーダーシップは」というもので、事務局からのリクエストは、ダボス会議など国際会議で見たリーダーの話を日本語でしてほしいというものでした。

第一部は一般に公開されており、3連休の初日にもかかわらず多くの方にお越しいただきました。予想以上に若い(「心が」、そして「元」)方が多いように感じました。まず「リーダーというと誰を思い浮かべますか、という質問から始め、できたリストを見て感じたことなどを少しディスカッションしました。

その後、2013年の世界、新しい課題・新しい手段などについて触れた後、組織やリーダーには何が必要か、明日からすぐできることは何か、などをいつものように写真やイラストでご紹介しました。質問はいくつかいただいたのですが、私の答えが長すぎて、あまり多くの質問を受けられなかったというのが反省点です。

nitobe第2部は12名位の塾生との自由討議でした。皆さんの自己紹介や最近の関心事の紹介の後、質疑応答をしましたが、とても活発でした。国際的リーダーを開発するという目的から考えて、なぜ議論を英語でしないのかなあと思いましたが、ディスカッションは楽しいものでした。 ここまでで、1時半から始まったセミナー公式スケジュールは終わり、まだ元気があったので、懇親会にも参加しました。その場では英語と日本語が入り乱れていろいろな話ができ、とてもリラックスしました。

ぎっくり腰がかなりひどい中、無事このセミナーが終わって、本当にほっとしています。今日のプログラムがここ数日の中で一番長時間だったので、かなり心配していたのですが、無事終わり、これで少し体を休め、本を読んだり、1週間遅れているCourseraのコースを追いかけることができそうです。