昨日11月6日夕方、世界経済フォーラムを40年以上前に始められたKlaus Schwab教授が、旭日大綬章を受章されたお祝いの会合がありました。(下の写真) For English=> 私は、ダボス会議のいろいろな活動に参加する中、Schwab教授が、どれだけ日本びいきで、どんな時でも(厳しいコメントは良く出ますが!)日本のことをサポートしてくださってきたか、を良く知っていて、いつもとても感謝しています。その意味で、このことは個人的にもとてもうれしいニュースでした。

decoratecertificate昨日の会は、世界経済フォーラム関連の方々が多数来られていて、Schwabご夫妻とともに、お祝いをするという楽しい場でした。私にとっては、特に若い世代と話ができたことがとてもハッピーでした。 (明日の「ダボス。。。を東京で」第9回のPRもしてしまいました!)

大学教授でおられたSchwab教授が、ヨーロッパのビジネスを盛りたてようという意図で、40年以上前に始められた世界経済フォーラムですが、これだけ長い間このレベルの活動を続けること、また毎年新しいことを考えて実行していくことは、そんなに簡単にはできないことだと思います。議論だけでなく、「実行する」人を限りなく尊敬する私は、その継続的なエネルギーに本当に感心、尊敬してしまいます。Schwabご夫妻を知る機会を得て、本当に幸運だと思います。