昨日11月30日、鹿児島にいき、若手経営者を対象に行われている「かごしま産業おこし郷中塾」で講演をしました。鹿児島は初めていった割に、数時間しかいることができなかったのですが、(今日東京で用事があったため) 50名弱位の若手の方々に「リーダーシップとダイバーシティ」というタイトルで1時間半ほどお話しました。(まだこのテーマが多いです)

前日は大阪でセミナーをしていたため、朝鹿児島に行き、お昼を何人かの方をご一緒した後のセミナーでした。まず、「リーダーというとどんな人が思い浮かびますか」という質問から始めた所、鹿児島出身の方と野球の監督が何人か出てきたのが特徴的でした。

その後、大阪の講演と共通したこと(シンガポール、アブダビなど)もお話しましたが、前日KMDでやったディベートのことなど新しいこともいくつかお話しながら、講演を進めました。

1時間半という割り当ての時間をいっぱい使ってしまったため、ご質問を2つしか受けることができず、とても申し訳なかったのですが、メールアドレスやブログ、Tweetをお知らせして、そこからコメントをいただくようにお願いしました。(さっそくいただきました。)

また「鹿児島に着きました」とTweetした所、それを見た方からコメントをいただいていたのですが、わざわざ会場までお越しいただき、お目にかかることができたのも、ICTの力だと思いました。(数年前名古屋でも同じようなことがあり、その方とは今でもコンタクトがあります!)

とても熱心なグループだったので、もっと時間をとって、ワークショップのようなことをしたいなあ、と思いながら、あわただしく、鹿児島空港に送っていただきました。お話する中で、私が以前一橋時代に担当していたポーター賞のことや、今やっている「ダボス。。。を東京で」などについても、ご関心があるようでしたので、ぜひまた何か続けてやりたいと思っています。

ホテルの前から見える桜島が壮大で、ヤシの木?みたいな南国の樹の向こうに海が見えるのがとても印象的でした。(写真を撮るのを忘れたのが残念です!) 昨日は風の向きが違ったので、桜島からの灰がひどくなかった、と伺いました。

お昼のときに、鰹節の事業をしておられる(実は時期が違いますが同じ経営コンサルティングの会社で働いていたことがある)方に、かつおせんべいと旨味茶節をいただき、さっそく東京に帰ってきてから、茶節をいただきました。「疲れた時に」と書いてあったので。。。