記事の詳細

さきほど、私の担当している「変化の。。。事業戦略」のクラスの学生4グループによるプレゼンテーションが終わりました。For English=> 今回のコースの主要課題のひとつであるグローバル・特に新興市場と社会的活動というテーマを用いて、4グループが企業・組織を選び、戦略プランを提案したのです。Google, Hilti, Pearson,TEDが4つです。

ここまでこの課題についてずっとサポートしてくださったIBMの方々はもちろん、1週間前位に学生チームが選んだ4つの企業・組織の方々にも、クラスあるいは、遠隔で参加していただくことができました。 (せっかく学生グループが考えて提案するのだから、と思って、急に私のコンタクトをたどって、4つの組織にお願いした所、ご快諾いただいたのです。)

私自身も海外にいるため、遠隔で参加したのですが、結局5か所を結ぶこととなり、TAや詳しい教授に技術的なことをお願いして、昨日はテストを繰り返し、どことでも話ができるようにしました。

プレゼンテーションはいずれもとても興味深く、期せずして4つのうち3つが教育に関連する提案をしていました。企業の方々からの質問やコメントもとても参考になることが多く、私自身も多くのことを学びました。1時間半のクラスだったのですが、質疑応答などが興味深く、時間をカットできずに、30分位延長してしまいました!このようにして場所が離れていてもディスカッションができれば、先週金曜日にオンラインで議論した「ダボス。。。を東京で」シリーズと同様、新しい可能性がいくらでも開かれると実感しました。私には初めての試みでしたが、とてもエキサイティングでした。

これで戦略の最初の課題はおわり、これからはみなクリスマスと新年の休暇です!

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る