記事の詳細

クリスマスは家族と過ごす祝日です。For English=> 子供たちはクリスマス・ツリーやプレゼントのことで頭がいっぱい。11月下旬のThanksgivingから始まるホリディシーズンの興奮(幾分、もう結構と感じることもありますが)の中で、25日を本当に待ち焦がれています。

今朝(こちらはまだ25日です。昨晩は例によって、近くのホテルで開かれたロックバンドが入るクリスマス・サービスに行きました)近くの教会のクリスマス・ミサにいったのですが、たまたま隣に座った人とその息子ーメリーランドから来ていたーと話を始めました。 私が一人らしいとわかったので、一人なの?それなら、自分たちと一緒にクリスマスをしないか、と誘ってくれました。私は友人のクリスマスディナーに毎年行くので、友人がいる、といって断ったのですが、見知らぬ人にもこうして声をかけてくれるのは、とても親切だと思います。

米国では(住んだことがあるのは、米国しかないので)、クリスマスなどの家族のための祝日には、家族のいないひとや家族から離れている人を招いてくれることが多いです。家族で祝う祝日をみなで分かち合おうと精神にあふれている(というか、習慣になっている)ようです。

yoko wkids (1) yoko wkids (2)私は夫を10年前に亡くした後、すぐ誘ってくれた友人の所に毎年のように行くのですが、家族同様に扱ってくれるので、とてもうれしいです。赤ちゃんだった子供たちがどんどん大きくなっていくのも楽しいものです。(左の写真は私と子供たち。右は友人とその家族です)

zkkXmaso (5)日本のお正月は、欧米のクリスマスと同じような所があるので、お正月に家族から離れている人のために、何かしてあげることを考えられそうです。(一番下の写真はニューヨークの私のgrand kids!です)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る