記事の詳細

stratphoto昨日1月27日はKMDで11月末からやっていた「変化の時代の事業戦略」(英語です)最後のクラスでした。For English=> 今年はこれまでもここに書いているように、内容もフォーマットも大きく変えたし、履修学生もKMDだけでなく、CEMSやGIDの学生も一緒だったので、履修した学生がどう思ったのか、どんな改善点やアイディアがあるか、を詳しく聞きたいと思いました。通常のアンケートでは項目が限られているし、皆の意見が違う可能性もあり、全体でやった方が良いのでは、と思ったので、なるべくカジュアルな感じを、と思い、ランチの時間から、ピザやお寿司を食べながら、やりました。(二人のTAに頼んで、いろいろ準備してもらったのです) (写真は終わった後学生一部ー気がついたのが遅く全員ではありませんが。。-ととった写真です。皆楽しそうでしょう!)

まずは腹ごしらえということで、おいしいものを食べ、皆それぞれ、学生間で話をしたりした後、全体でのディスカッションをしました。とても多様な意見が出て、私には参考になったことが多い、有意義なものでした。 興味深いのは、同じ内容やフォーマットでも学生間で、とても良いという意見ともっとこうしたら良いという違う意見が出たことです。

私のクラスはインターアクティブに、また意見の違いを奨励するような形(たとえばディベートなど)で進めるので、それを2カ月以上やってくると、学生も違う意見を言うのに抵抗がなくなるようです。(それが私の一つの目標なのです!)

昨年同じコースをやった時(日本語でした))のフィードバックから、いわゆるケース・スタディでかなり広い範囲をカバーしようとするのではなく、今ホットな課題(グローバル、特に新興市場、社会的活動、ビッグデータとアナリティクス)を中心に、ディベート、プレゼンテーション、ラウンドテーブルなどフォーマットもいろいろ工夫し、実際仕事をしておられる企業の方からかなりサポートしていただいたのです。学生からのフィードバックも、実際今仕事をしておられる企業の方々の話やコメントはとても役に立ったというものが多く、サポートしていただいた企業の方々には本当に感謝しています。(実は今日、その一社を学生チームと訪問するのです!)

私は3月でKMDを定年退職するのですが、このコースだけはもう一度、春学期前半に、KMDで教える予定なので、学生からのフィードバック、企業の方々からのコメントをいかして、また新しいコースをデザインしたいと思っています。 良く考えてみると、こうしたコースから一番学び、楽しい思いをするのは、私ではないか、と思います!

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る