記事の詳細

1月下旬にダボスで、私たち「教育とスキル委員会」が、レポート「新しいターゲット、革新的なアプローチ」を発表してから、1か月以上たちました。 For English=> このレポートの中で、私は日本の章を担当し、世界でも課題となっている女性とシルバー世代の活用について書きました。

世界の関心を集めてきた「日本再興」も、幾分ペースが何となくスローダウンしてきてしまって、具体的な成果に結びつくようなアクションが不足しているようにも思われます。

元のレポートは英語ですし、かなり長いので、全部読むのはなかなか大変なのですが、せめて日本の章はなるべく多くの日本に関心を持つ方々に読んでいただきたいと、日本語に訳しました。またそれだけではレポート全体の目指す所がわかりにくいと思ったので、日本語の概要を準備し、私のブログにかいたり、関係者にメールでお送りしたりしてきました。

英語版にはあまり反応がなかったのですが、さすがに日本語版は簡単に読めることもあるせいか(短いのです)、いろいろな方からコメントをいただきました。

私のブログやメールだけではあまり広がりがないと思い、元のレポートの配信などをしている2uに頼んで、レポート紹介のページにリンクをはっていただきました。 元のレポートの概要についてのページの一番下に私のブログへのリンクがありますし、日本の章(英語版)のすぐ下にも日本語へのリンクがはってあります。ぜひごらんいただき、多くの方にお知らせください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る