記事の詳細

ウクライナの不安定な状況とロシアの強硬な姿勢、一方、異常寒波による米国の景気回復への懸念などが世界のトップ・ニュースとして毎日のように報道される一方、日本では3周年を迎える東日本大震災への関心が高まっています。

アベノミクスとして世界の関心を集めてきた安倍内閣の政策ですが、ここへきて第3の矢の具体的な内容はもとより、その効果がはっきり見えない中で、外部からみた日本経済への期待には大きな疑問が生じてきているようです。

国内では、企業が賃上げの傾向にあり、なかなか一般が感じることのできなかった景気回復に弾みがつくのではないか、という期待もあります。

こうした中、先日もご紹介しましたが、3月19日には六本木アカデミーヒルズで、グローバル・アジェンダ・セミナーシリーズとして「成長は本物か?」が開かれます。ゲスト講師はゴールドマン・サックスのキャシー松井さん。いつも明快な分析で知られているストラテジストで、外国の投資家が日本市場をどう見ているか、について、うかがうには最高のゲストです。

年度末でいつも以上に忙しい方が多いと思いますが、このあたりで、日々の忙しさを離れ、日本経済は本当に復活するのか、Japan is Back!は実現するのか、についてフランクな見解を聞いてみてはいかがでしょうか。 詳細お申込みはこちらからどうぞ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る