記事の詳細

2010年から始まったグローバル・アジェンダ・セミナー(GAS)の2014年版が、今年も6月から始まります。「世界で活躍できる人材を」目指して始まったこのセミナーも今回4期目。毎回、高い志を持ち、何らか実行しようという意欲の高い(それでいて自然体!)、そして多様な経歴の若い(「心が」も含む!)方々が、このセミナーシリーズに参加してくださっています。

4年目になるので、すでに参加者のネットワークがかなり広がっていて、とても興味深い活動を次から次へとしているので、このグループは私自身の大きな財産であり、いつもインスピレーションを受けるグループでもあります。

今年もまず基本的な考え方やまとめ方、からゲスト講師をお招きした世界の課題へと6回のコースが始まります。詳細、お申込みはこちらからどうぞ。

このセミナーは、リスクのない中で新しい行動を「実践」する場を多くの方に提供しようとしています。世界で活動するためには、どんなことについても自分の意見を持つ、ポジションを取る、そしてそれをいろいろな人にわかりやすく説明して、より良いアイディアにしていくことが必要です。その手段として日本語は少数派なので、少なくとも今の所は、「グローバル言語」である英語ですることが大切です。自分の身の回りや日本のメディアで報道されることを超えて、世界の潮流は何なのか、どんなことが課題になっているのか、を知ることも、広い視野を持ち新しいアイディアを生む良い一歩となります。

しかし、会社や学校ではなかなかそうした機会を得ることができないようです。そこで、世界の課題について考え、英語で自分の意見を相手に伝え、議論する、いろいろな解決案を考えることを「実践」する場がこのセミナーです。

といってもイメージがわかないと思うので、5月16日には、体験セッションを企画しています。どんなことかちょっと見てみたい、本当に英語で議論するのか、皆意見をいうのか、などと思われる方は、ぜひこの体験セッションにご参加ください。私がGASダイジェスト版のようなことも少しお見せします。 5月16日夜開かれる体験セッションも今募集中です。この機会にご自分の目で確かめてみてはいかがでしょうか。体験セッションの詳細、お申込みはこちらからどうぞ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る