記事の詳細

4月25日、大阪で開かれた日本経済研究センターの昼食会によんでいただき、講演をしました。タイトルは「変貌する世界、イノベーション、人財」です。 (当日の配布資料と聴くゼミは日本経済研究センターの会員企業の方であれば、閲覧できるそうです)

同じようなタイトルで話をすることが多いので、いつものように2ページ程度のレジメと関連ある新聞、オンラインの記事などを事前にご紹介しておきました。今回は、今年1月に世界経済フォーラムの年次総会で発表した「教育とスキル」委員会のレポート「新しいターゲット、革新的なアプローチ」の概要と私が書いた第10章(女性とシルバーを活用して日本経済を再生するー日本語版)を追加しました。なるべく多くの方々にこのレポートを知っていただきたいと思ったからです。

ここ数年、私のプレゼンテーションは写真がほとんどなので、一部追加したりしながら準備したのですが、土壇場になって、先日「選択する未来」委員会のワーキング・グループで発表したデータをいれることを考えました。(レポートや昨年11月にシンガポールで発表した人材国際競争力調査の結果もいれようと思ったのです)

結局、ちょっとみにくいスライドをご紹介してしまい、中途半端になってしまってとても申し訳なかったのですが、スライドも工夫する必要がある、と感じました。同じようなテーマでお話しても、最新の情報や経験をいれたいと思う気持ちと見ている方にわかりやすいスライドや資料の準備の葛藤?です。良い教訓でした。

またこういったつもりなのだけど、と思っていても、質疑応答の時にいろいろご質問をいただくと、この点をもっとはっきりしたメッセージでいわなければ、と思います。こうした会合では、あまり質問が出ないのですが、質問をしていただくと、講演をしている方にもとても役に立つことが多いので、ぜひしていただきたいと思います。(ご質問いただいた方々、ありがとうございました。次の機会があったら、改善しておきます!)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る