6月20日夜、ベネッセホールディングスの新宿本社で、「ダボス。。を東京で」第16回が開かれました。For English=>  今回のタイトルは、「テクノロジーを活用して、高齢化を考える」というもので、多くの方に参加していただきました。

最初に私がwelcomeをした後、ベネッセの森さんに日本の高齢化の現状と介護について、概要を説明していただきました。高齢者の数だけでなく、仕事をしながら介護している人の数、介護の施設や方法、実際の活動など、なかなか身近な経験がないと知らないことでした。私も92歳の父の介護(シニアレジデンスにいるので、介護というというほどではないですが)の経験を少しお話しました。(そうしている内に、私自身の考えも行動も変わってきたなあと思いましたが。。-これについてはまた機会があったら書きます)

davos3その後、6つのグループに分かれて、小グループでブレーンストーミングをしたのですが、それぞれのグループには、ベネッセの方々に作成していただいた「介護される人」「介護する人」6人のプロフィールがアサインされていました。

davos4約1時間、小グループでアサインされている人に提供する新サービスや製品(テクノロジーを活用したもの)を考えていただき、各グループからレポートしました。コミュニケーション・チャネルを維持すること(リアルとバーチャルいずれも)、体と心の良い状態を維持することなど、いくつか共通したアイディアも出ましたし、すぐできそうなアイディアも出てきて、とても有意義でした。(たぶんもう一ラウンド位やって、ビジネスとしてのプランも考えられると思いました)

その後同じ場所でネットワーキングのレセプションをして、名刺交換をしたり、アイディアを共有したりしました。(ダボス。。シリーズに繰り返し来ていただくため、いろいろ仕組みも考えています!) 結局終わったのは11時近く。場所、人、コンテンツを提供していただいたベネッセの方々と片付けをして、ダボス。。第16回は終わりました。

収録したビデオとサマリーは、ウェブサイトから見ることができます。