記事の詳細

昨日7月24日福岡で開かれた西日本生産性会議2014の展開討議のコーディネーターをする機会をいただきました。For English=>  2日間にわたって開かれている(今日が2日目です)会議全体のテーマは「今こそ活かせ『日本力』-ゆるぎない成長をめざす労使の挑戦」というものでした。

私がコーディネーターをした展開討議は、安川電機津田会長兼社長、連合の古賀会長、BCGの御立さんがパネリストでした。 企業、労働組合、コンサルティングという立場から、現在の事業環境、今後の課題などをお話いただいたのですが、「日本力」とは、「日本力」をどう活かすか、ということが議論になりました。

参考になるお話が多々あったのですが、国、組織だけでなく、個人、特に若い世代の力をどう高めるか、に一番関心を持っている私は、「日本力」と「日本人」のつながりを考えさせられました。

その意味で、今晩25日に開かれる「ダボスの経験を東京で」第17回「生まれ変われるとしたら、日本人に生まれたいか?」という質問を、今晩の参加者がどう考えるか、どう答えるか、はとても興味深いと思います。(実は、2回同じ質問を大学生、若手経営者にしたことがあって、反応がとても興味深かったのです。) 「日本力」とは人からかけ離れたものではなく、「ユニークな」力や知識を持つ人の集合から成り立つものだと考えるか、グローバル化がこれだけ進んだ中で、「日本力」「日本人」の意義は何か、などもう一度考えてみる機会になると思います。

「ダボス。。」は今晩19時半からです。ウェブサイトから登録していただき、ぜひご参加ください。時々ウエブサイトがダウンしていたり、登録を受け付けないこともありますが、その場合は直接会場(Wilson Learning International)にお越しください。お待ちしています。

関連記事

    • Mio
    • 2014年 7月 26日

    大変面白く感じました。

    先生から頂く刺激を楽しみに参りましたが、沢山の学びがありました。

    日本という国でこれだけのダイバーシティをもったコミュニティをつくることができるということ
    自由度の高いテーマでなんらかのまとめをするプロセスを学べたこと
    テーマについて漠然と考えて準備してきたことが改めて言語化されて認識するプロセスを体験できたこと
    などです

    ありがとうございました

    • yishikura
    • 2015年 3月 21日

    Mioさん、石倉洋子です。ご親切なコメントありがとうございました。お返事していなくて申し訳ありません。ダイバーシティどんどん進んでいますね。ごく最近参加したEYセミナーでも日立の川村さんが強調しておられました。当たり前になっていくと良いのですが。。。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る