日経BPのBiz College「グローバル・リーダー目指し、一歩前へ」シリーズの第5回が、今日からポストされています。前回は、どこに座るか、どのテーブルに行くか、など広い意味でのポジショニングについて紹介しましたが、今回はそれに続けて、何をいうか、について、説明しています。

「説明」といっても難しいことはなく、相手に関心を持つ、質問する、自分の関心、意見を自然体で言う、そして、相手と関連がありそうなことがあったら、そこからさらに話を進める、というようなことです。

このシリーズではいつもいっていますが、「正しいアプローチは何か?」をあまり意識しないで、その場、その機会を自分も楽しむのが良いと思います。

ただし、昨日のTwitterとface bookにも書きましたが、体調が悪かったり、(私の場合だけかもしれませんが)お腹がすいていたりすると、好奇心も減るみたいなので、それは気を付けた方が良いかもしれません。「いつも元気」を維持するのがコツかもしれませんね。コラムはこちらからどうぞ