忙しいという字は「心を亡くす」ことだと聞きます。昨日の私がまさにその好例でした。For English=>  先週はあまりに会合や打ち合わせなどがあちこちであり、時間がぎりぎりということが多かったので、あちこちで遅れそうになり、とても神経を使うことにもなってしまいました。

私自身がこのような予定を組んでしまった張本人なのですが、それにしても、昨日は急ぎの仕事を片付けた後、ちょっと「茫然」としてしまいました。
先週前半何をしたのかも思い出せない、会った人もよく考えないとわからないというような感じだったのです。(To do listを毎日つくるので、それを追えばわかるのですが) まさに心を亡くす?という感じでしょうか。

さらに昨晩、父のケアマネジャーと話をして、父と夕食を一緒にした後、帰ってきて、父の書類を整理し、さて、自分のことをやろうとしたら、重要ファイルがないことに気が付いたのです。 昨日使ったものだったので、必ずアパート内にあるはず、と思ったのですが、2時間位あちこち探しても見つからず、途方に暮れてしまいました。

先週の活動からの疲れもあり、さすがにもうあきらめようか、と思った時、父のほかの書類とともに通常とは全く違うキャビネットに入っていることを発見しました。 とても重要な書類なので、ほっとしたのですが、普通は「やった!」というその元気もない位でした。ブログもTweetも face bookも書くことができない位!

「時間があまりないと心を亡くす」というのが教訓です!