fc22か月近くいたカナダから、明日出て東京に帰ります。この2か月は、間で東京へ10日ほど帰ったり、バンクーバーの友人の所にとまったり、ニューヨークに1週間いったりとずっとカナダにいたわけではありませんが、Refreshできた2か月でした。(写真はゴルフを一緒にした友人) 友人も何度か、遊びに来たので、変化にも富んでいました。天気は途中で記録的な暑さがありましたが、全般的に良かったし、例年ある最高気温が12度などという日はほとんどありませんでした。(昨日から少しその兆しが見え、一昨日と昨日の温度差は15度近く、Tシャツとショーツから、セーターとFleeceにジーンズという様相に一日で変わりましたが。) 今年は何しろ一度も熊を見なかったというのが大きな変化ともいえます。(天気によって、食べ物がなくなると、熊がおりてきて食べ物を探すらしいです)

 専門の分野では、やっとのことで2年がかりの「戦略シフト」を書き終えたことが一番の収穫でした。ICTの進歩で、どこにいてもインターネットにつながるので、それ以外にも、プロジェクトが進行中ですし、朝6時から電話会議をしたりすることもありました。「個人の戦略シフト」のほうは、書き始めていますが、まだ完成までは時間がかかりそうです。(これからするセミナーなどでも参加者の方々と協働でやりたいと思っています)

  自分のOFF タイムという意味では、時間が自由になる中で、Daily Routineを実行しようと思って、いくつか「毎日すること」を試してみました。すでに30年以上の習慣になっているExerciseは、スポーツセンターに毎日通って、新しいクラスに参加し、かなり知り合いが増えました(このブログを見た友人が「読んでいるだけで、筋力がつくみたい、『読むジム』ですね」といってこられました) 毎日継続したので、少しは体力維持ができたかなと期待しています。

  それ以外に、Wall Street JournalやBBCかEconomistのPodcastを聞くこと、ちょっとしたトピックで5分くらい英語で話してみること(これは新しい試みです)を始めました。(後半からなので、まだ習慣にはなっていません)。

  もうひとつ新しい試みとして、You Tubeの将棋を見ています。(長い間、将棋をもう少し知りたいと思っていたので、「戦略シフト」のめどがついた所で、毎日少しずつでも見てみることにしたのです。これが夏のプロジェクトのひとつでした) とても難しくてかなり苦戦しています。こちらはどうすれば続けられるか、まだ試行錯誤中です。

  そうしていたら、女流プロの友人から、「女性と外国人を対象にした将棋イベント」のお知らせをいただきました。 9月6日に開かれるもので、女流棋士によるデモンストレーション対局や入門講義、スピーディマッチ対局でのビンゴゲームなどもあり、初めて将棋に触れる方でも楽しめるプログラムになっているそうです。(私自身は母の具合が悪いので、9月6日に行けるかわかりませんが、以前学術会議の副会長をしていた時に、宇宙飛行士の毛利衛さんなどが積極的にしておられたScience Cafeというイベントをやったことを思い出します)

~将棋とカフェのコラボレーション~ The Cafe Style International

主催:日本女子プロ将棋協会(LPSA)
2009年9月6日(日) 14:00~17:00
アーキテクトカフェ汐留  http://www.architectcafe.com/
対象者:外国人の方または日本人女性(男性同伴でもOKです)
参加費 一般:1,500円、学生:1,000円(軽食・フリードリンク付き)
来場棋士 石橋幸緒(女流王位)・松尾香織・中倉宏美・中倉彰子・藤田麻衣子・堀口弘治(七段)

事前予約が必要だそうです。日本女子プロ将棋協会(LPSA)「カフェスタイル」係まで電話またはメールにてお申し込み下さい。
TEL:03-3915-0931 E-mailアドレス: info@joshi-shogi.com
詳細はこちらから。