記事の詳細

今回は、1ヶ月で2回目のニューヨークです。For English=>  1回目にいつもやることー家族と時間を過ごす、友人に会う、時計を修理する、米国でするほうが簡単な各種の書類を片付ける、そして少し買い物をするーはほとんどすべてやってしまったので、今回は何をしようか、と考えてしまいました。(実は、電話会議がたてつづけにーそれも夜中にーあるので、その準備と時間帯に合わせるのがかなり大変なのです!)

また、この数週間の経験から、何となくいくつか危機感とまではいきませんが、何とかしなくては、と感じることもあったのです。そのひとつは、何か新しいものに触れていないと知らず知らずのうちに自分の世界が狭くなってしまい、いろいろなアイディアに対して、ネガティブになってしまう恐れです。もうひとつは、毎日の生活に追われていると、本当に自分がやりたいことは何なのか、また活動にしても、本来目指してきたことを見直さなくて良いのか、などと考える余裕がなくなり、新しいアイディアに対してもネガティブな反応をし勝ちであることです。

そこで、いつもはしないことを試してみようと考えました。音楽やミュージカルは本当に好きなので、もちろん予定していたのですが、それ以外に何かしようと考えました。FullSizeRender (10)

FullSizeRender (9) 何度もニューヨークには来ているので、主な美術館には数回いっているのですが、それほど好きというわけではないので、優先順位が下がっていたので、今回は美術館にいってみることにしました。 アートとデザインのMuseum(MAD)には、時間があまっていたのを活用して、最初の日に行きました。(あいにく一部で次の展示の準備をしていたため、あまり見ることができなかったのですが。。)

また今日はメトロポリタン美術館にいって来ました。 ちょうどCubismを特集していたので、それをじっくり見てみました。ほかの展示も一部見たのですが、Cubismはかなり好きなほうに入るなあと感じました。(最近は「好きかどうか」を判断の基準にしているのです。Cubismのことはほとんど知らなかったので、解説を読むのもとても助けになりました。

新しい分野へのExposureがどんな結果をもたらすか、(何も起こらない可能性もあります!)、興味津々という感じでいます。そんな気になっただけでも良かったかな、と思っています。。。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る