FullSizeRender (13)FullSizeRender (14)FullSizeRender (15)ドバイに来ている目的である、第4回アラブ女性リーダーシップ・フォーラムが、昨日11月4日から始まりました。私は一日目の最初のパネルに参加しました。タイトルは、「国の競争力に対する女性参加のインパクト」というもので、パネリストは、世銀のGGC地域担当のディレクターとIMDの同属企業フォーラムのディレクター(いずれも男性)のお二人、モデレーターはドバイのEmirates NBD銀行の女性でした。(中央の写真はいろいろサポートしてくれたスタッフと)

いろいろな側面に話が及びましたが、私は自分自身が、(どちらかというと)女性活用がまだ課題であり続ける日本でいろいろ活動しているので、自分の経験などを含めてお話しました。 ちょっとモデレーターやほかのパネリストの声が聞きにくく(会場が大きかったためか?)、質問にあった答ができたか、かなり心配だったのですが、会場からもかなり質問が出て、なかなか活発なパネルでした。

終わった後、多くの人にいろいろ聞かれたり、ドバイ・テレビのインタビューを受けたりしていた(まずアラビア語で説明した後、英語で質問されました)のですが、そのうちに正式な開会式が始まりました。(一番右の写真)

同時通訳のためのヘッドホンを借りていなかったので、最初の2つのご挨拶は理解できず、断片的に聞こえる言葉から、想像力を働かせる程度でした。
その後、午後からはパネルが2つ行われ、「政治への参加」についてのセッションは同時通訳を通じて聞いていました。午前中に開かれた私たちのパネル以外はいずれもアラビア語で行われていました。(左の写真)

朝、会場にいった時は、いつもの国際会議と違う服装(ほとんどの人がUAEとその周辺の方々なので)が珍しい感じでしたが、午後までには慣れてしまい、当たり前という感じになりました。(文字と言葉がわからないのはちょっと困りましたが。。。)