記事の詳細

FullSizeRender (19) 今日11月8日の午後、六本木アカデミーヒルズでグローバル・アジェンダ・セミナー(GAS) 2014の第5回が開かれました。For English=>  今回のゲストは関西外語大学プレゼンテーションで有名なGarr Reynolds教授でした。私はこれまでPresentation Zenも読んでいますし、TEDxTokyoなどでも何度かGarrさんのプレゼンテーションを見ていたので、とても楽しみにしていました。

昨晩、今日のセッションの準備のために、ウェブサイトを見ていたら、どんどん引き込まれてしまい、今月後半に私がすることになっている講演やワークショップについても、もう一度プランを立て直さなければと思っていました。

今日のセッションでは、Garrさんが、ストーリーを語るための10のヒントを紹介してくださいました。その後、参加者が5チームに分かれて、日本のストーリーを世界に紹介するというプレゼンテーションをしたのですが、それぞれ日本のいろいろな側面に注目したプレゼンテーションでした。

プレゼンテーションは何度やっていて慣れているつもりでも、時々こうした基礎をもう一度振り返り、自分のプレゼンテーションに応用してみるのが良いと思います。とても有益なセッションでした。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る