記事の詳細

FullSizeRender (43)昨日11月20日午後、イイノホール&カンファレンスセンターで開かれたIndia-Japan Business Women Forumで短い基調講演をしました。For English=>  この催しについては何度かご紹介しているのですが、インドの女性ビジネスリーダー研究コースの一環として開かれたものです。

FullSizeRender (40)まずHIDA代表の金子理事長とMETI代表の福地さんのご挨拶の後、インドのWadhwa大使がご挨拶されました。私がインド大使にお目にかかったのは初めてだったのですが、このスピーチはとても力強く、またユーモアのセンスにもあふれたすばらしいものでした。

その後が、私の出番だったのですが、大使の言葉である「日本の完璧を目指すという良い習慣」を引いて、「完璧」は良い点もあるがやりすぎると問題もあるので、インドの「即興」を学ぶことも必要だと思う。。というようなことを言いました。またインドはまだま成長しているので成熟していて縮小の可能性もある日本と比べるととてもうらやましいとも言いました。(といっていたら、今朝聞いていた英語のPodcastでたまたまその話をしていたのですが。。)

その後、インド側の基調講演があり、休憩の後、私も参加したパネルがありました。会場からの質問も多く、インドについて新しいことも学ぶことができました。

FullSizeRender (41)そして今日11月21日はインドのメンバーと日本のメンバー数人とワークショップをしました。グループで課題を考えたのですが、なかなか活発であるとともに、皆それぞれ言いたいことがあるので、インド側は「聞く耳を持つ」ことが大切、日本側は「話すことが大切」と、協働するポテンシャルは大きいことがわかりました。

FullSizeRender (42)世界の変化を考えた後で、女性のリーダシップを進める具体案を考えたのですが、最後に、一人ひとりはインドに帰って何をするのか、またこのグループは協力して何をするのか、を考えてください、とお願いして、ワークショップは終わりました。 インドの女性グループとワークショップをしたのは初めてでしたが、文化、インフラ、社会慣習など、新しい発見も多々ありました。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る