記事の詳細

木曜日12月4日、4年前?にも一度よんでいただいた 「福澤。。文明塾」の講師をしました。For English=> いつも「ダボス。。東京で」シリーズのご案内などをお願いしていることもあり、久しぶりに機会をいただいたので、楽しみにしていました。

4日はストラテジック・リーダーシップの最後の回ということだったので、最初のキックオフ・スピーチは、少し「世界」を意識したアウトラインを考えました。

最初の30分程度、事前課題として、参加者に書いていただいたリーダー像などを参考に(なかには私がまったく知らない人も入っていました)、しばしお話した後、田村先生と対談をしました。主に参加者の多くー20代初め?-の頃、私は何をしたか、考えていたか、というようなことを聞かれましたが、今回初めてーたぶんー今、米国で大きな動きになっている人種問題や多様性、ボランティアなどを、留学した時に実際体験したことをお話しました。(ちょうどそのことを考えていた所だったので)

その後、質疑応答になりましたが、いただいた質問の中には、リーダーシップに関連したものもあれば、どんな未来を創りたいのか、ロールモデルは?古典とは?経済成長、資本主義への疑問に至るものまで、多岐にわたっていました。

若い人が多く、最後にいいましたが、「うらやましいなあ!こんなに変化があり、新しいテクノロジーなどが出てくる中で、これから未来を創ることができるし。。」と感じ、とても楽しいひと時でした。こうした機会をいただき、感謝しています。

雨が降ってちょっと寒い日だったのですが、終わった後、地下鉄の駅まで歩いてくる時もエネルギーがどんどん出てくるような気がして、まったく寒さを感じませんでした!

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る