記事の詳細

今晩(12月13日)、父を私のマンションによんで、一緒に夕食をしました。For English=> この所、大体毎週末、私が父のシニア・レジデンスに行くか、父が私のマンションに来るか、というパターンになっています。(以前は二人で外食をしたこともありましたが、歩くのがちょっと不自由ですし、寒いので、このパターンなのです)

FullSizeRender (34)先週は父が私のマンションに来たので、今週は私が父のレジデンスに行こうかと思っていたのですが、電話をした所、父はこちらに来たいというので、計画を急きょ変更して、私のマンションですることにしました。
メニューは何にしようか、と考えた(先週は洋風でした!)のですが、父の大好物の鰻にしよう!と考え、時々行くとてもおいしい鰻やさんに注文して、取りに行くことにしました。

鰻も持って帰ってきたし、ほかの料理もできた6時過ぎに、念のため父に電話をしてみた所、レジデンスで私を待っている!というではありませんか?!。父は昼間の会話をすっかり忘れてしまうことがよくあるのです。やはりそうか、でも電話してよかった!と思い、こちらに来る予定だけど、といった所、父はすぐタクシーでやってきました。(鰻を買ってある!といったのも良かったみたいです。)

大好物ですし、とてもおいしい鰻やさんなので、父は、大盛りのごはんもうなぎもすべて食べて、とても満足していました。(何度もおいしい、おいしい。といっていました)

その後、二人でコーヒーを飲み、チョコレートを食べて、父はタクシーで帰りました。(タクシーを待っている間、私のマンションのロビーにあるクリスマスツリーの前で写真もとりました)

父と夕食を一緒になどいろいろ計画すると、サスペンス映画を見ているか、出演しているような気になることがあります。何が起こるかわからないからです。「こういったけど。。」というのはほとんど通用しないので。。

でも今夜は、タイミングよく電話をしたし、ちゃんと食事もできたし、父がとても喜んでくれたので、ハッピーエンディングでした!

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る