記事の詳細

FullSizeRender (56)この間速報をお知らせしましたが、12月12日にやった「ダボス。。を東京で」第21回のyoutubeビデオがポストされています。For English=>
今回はいろいろな活動をしたので、それをカバーしようとしていて、50分と少し長いですが、どんなことをするのか、というイメージがわくのではと思います。
まず最初の4分間くらいは、私のwelcomeと2014年を振り返って、という説明です。各人自分にとっての2014年を示す英語の単語を考え、小グループでその言葉と理由を説明していただいています。(皆英語)

FullSizeRender (57)各グループでの活動をうつしたビデオが数分続いた後(英語の言葉には、changeというのも見受けられました)、今度は2015年に一番重要と思われる課題は?という事前の投票結果を紹介しています。

これがパート2の始まりなのですが、今回は、その場で皆さんに投票していただくという試みをしてみました。小さなデバイスを使って、テストをした後、本題である2015年に一番重要なテーマの投票をした所、「仕事の将来」がダントツでトップになりました。この結果はとても興味深いものでした。というのは、私が今年からメンバーになっている世界経済フォ-ラムのGlobal Agenda Council Future of Jobsと直接結びつくからです。

それからパート2の小グループでのディスカッションが始まりました。そこではグループとして、ひとつテーマを選び、そのテーマについて、どんな活動を「ダボス。。東京で」のセッションでしたら良いか、というクリエイティブなアイディアを議論していただきました。 ビデオでは各グループで熱心に議論している姿が出てきます。

その後、19分くらいから35分くらいまで、各グループからのレポートがされています。それぞれのレポートバックの後で、私が少しコメントをしているものもあります。それは、来年お招きしようと計画したり、考えようと思っているテーマやフォーマットが出てきているからです。

37分以降は、私がファシリティターになって、全体で議論をしました。4月からフリーターになったのですが、「新しい仕事」をしていると、どんなことが起こるか(オフィスを持たないので、どこでも仕事をしてしまう!など)私の経験も少し話したり、GACの計画を紹介したりしています。

というわけで、50分とちょっと長いですが、皆さんのご関心がありそうな所だけを見ていただけると良いと思います。今回はパートが2つ、投票をしたり、といつもの回より盛り沢山でした(それに最近としては、珍しくほとんど日本人ばかりでした)が、イメージはわくのではと思います。これからもいろいろな活動を試していきたいと思っています。ビデオへのリンクはこちらです。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る